« 春休みの子供向け映画のレビュー | トップページ | 2006年3月17日の日々の雑感 »

2006年3月16日 (木)

オープン戦とWBCから占う今シーズンの阪神タイガース

今日はWBCで日本が韓国に負けてしまいました。
残念です。しかも、打たれて決勝点を取られたのは、米国戦に続いて藤川でした。
経過はよく知らないんですが、テレビのニュースなんかで報道されている限りの情報で、8回にロッテの今江が三塁のタッチプレーで落球してワンアウト二塁三塁になり、我が阪神タイガースの藤川がリリーフしたんですが、左中間にヒットを打たれて2点を献上し、9回西岡のソロホームラン及ばず惜敗した、とのことでした。でも、藤川が打たれた球をVTRで見る限りは、ほぼど真ん中でした。コントロールミスというか、何というか。藤川は米国戦でもサヨナラヒットを打たれていますし、まだ昨年の疲れが残っているのかもしれません。

目を国内に転じて、オープン戦についても、阪神タイガースはジャイアンツに1勝1分けの後、昨日は西武に完敗でした。それから別件で、前にパドレスにいたオクスプリングっていうピッチャーが入ったんですか?実は、よく知らなかったりするんですが、昨日の鳴尾浜球場での2軍教育リーグの対中日戦に先発したそうです。5回を投げ6安打を許し2失点を喫して、イマイチだったらしいです。初回以外すべての回で先頭打者に安打を許し、ストレートも最速で144キロとやや不足気味で、先発ローテーションに入れるかどうかを見極めるために、もう一回どこかでテスト登板させるとのことでした。
昨日の西武戦に話を戻して、オープン戦4度目の登板となった江草投手が5回で3失点を喫して、練習試合・オープン戦を通じての初失点となったものの、岡田監督の評価は引き続き高く、先発ローテーション入りが期待されています。また、今岡選手も昨日の西武戦で5番サードでフル出場し、5試合連続安打と開幕に向かって調子を上げているようです。桧山・浜中らのライトのポジション争いも面白くなってきました。

私は阪神ファンといいつつも、実は、そんなに野球のことは詳しくなかったりするんですが、春も間近まで感じられるようになり、それこそ「球春」を迎えて、やっぱり、私は、


がんばれタイガース

|

« 春休みの子供向け映画のレビュー | トップページ | 2006年3月17日の日々の雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/38492698

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦とWBCから占う今シーズンの阪神タイガース:

« 春休みの子供向け映画のレビュー | トップページ | 2006年3月17日の日々の雑感 »