« 今日も午後から渋谷に出かける | トップページ | エコノミストはどうして数学を使うのか? »

2006年8月21日 (月)

スカラベはラピスラスリで出来ている

この週末に、下の子がエジプト土産スカラベフンコロガシ、別名、タマオシコガネという甲虫に由来することを朝日新聞の「かがくる」で発見して、大騒ぎで私を呼び付けたことがありました。下の子はきれいでピカピカ光るものが大好きで、人生ゲームではお土産でスカラベを手に入れようとかんばったりします。ですから、スカラベがフンコロガシだったと知って、ちょっとがっかりしたようでした。
下の子が私に見せてくれたスカラベの写真は「かがくる」に掲載されているもので、青い石で出来ていました。私が見たところ、どうも、ラピスラスリで出来ているような気がします。ラピスラスリはスペイン語読みですので、zを濁って読めばラピスラズリになるのかもしれません。ウィキペディアにはラピスラズリで出ていました。このブログではスペイン語読みのラピスラスリと表記したいと思います。

ウィキペディアによると、ラピスラスリとは以下の通りです。

ラピスラズリ(Lapis lazuli)は、深い青色や藍色の宝石で、和名は瑠璃(るり)。エジプト、シュメール、バビロニア等の古代から、宝石として、また顔料ウルトラマリンの原料として珍重されてきた。

私が在チリ大使館に勤務していた時には、ラピスラスリはチリとアフガニスタンにしか産出せず、当然ながら、日本では採れないのでお土産として珍重されていました。先住民の方々から反論があるかもしれませんが、チリなんかは歴史に登場したのがせいぜい16世紀くらいからですから、エジプトでスカラベが作られていた古代にはほとんどがアフガニスタン産ではないかと思われます。スカラベだけではなく、有名なツタンカーメン王のマスクも、ついつい、黄金に目が行きがちですが、青い部分はラピスラスリで出来ていたりします。
ただし、ウィキペディアでは気前よく宝石に分類してくれてありますが、私は輝石だと聞いていました。ダイヤやサファイア・ルビーなどの宝石ほど貴重なものはなく、めずらしい石といった程度の扱いだったと思います。とても深い青できれいなのは指輪にしたりもしますが、そうでないのはボリュームのある置物です。我が家にも10センチ角くらいのピラミッド、灰皿、2-3センチの卵などの置物や取っ手がラピスラスリのペーパーナイフなんかがあります。というか、探せばどこか我が家の中にあるハズです。スカラベがラピスラスリのようだと私がいった直後に、灰皿は下の子が見つけ出して来たりしました。蛇足ながら、チリにいた当時の私はフクロウをシンボルマークにして、小さなフクロウの置物をデスクに飾ったりしていたんですが、何かの大型獣の角を使ったフクロウの置物をチリで買った記憶があります。角ですからかなり曲がったりしていました。一応、フクロウはミネルヴァの使いのつもりでした。念のため。
それから、チリは西洋の国ですからチェスが盛んだったので、ラピスラスリを黒に見立てて、白っぽいオニックス(日本名は瑪瑙石・めのう石)と組み合わせて、チェスの盤と駒にしたお土産物なんかも人気でした。私はチェスをしないので、大きくてかさばることもあって、お土産で買って帰ったわけではありません。チリにいる時は西洋モノのテーブルゲームとしては、ブリッジばかりやっていた記憶があります。蛇足ながら、和モノのテーブルゲームはマージャンでした。
チリは日本からほぼ地球の反対側にあり、私が勤務していた当時で日本から合計30時間近くも飛行機に乗らねばならず、とても距離的に遠い国でしたので、出張で来るお客さんも少なかったんですが、ラピスラスリのお土産を買って帰る人も多かったです。中には、私の持っているようなラピスラスリの取っ手のペーパーナイフを大量にお土産で買ったものの、空港のセキュリティチェックで引っかかった人もいたりしたと聞きます。そのあたりを上手くすり抜けるのが大使館員や現地駐在員の腕前だったりします。でも今では、飛行機に乗る際のセキュリティチェックが格段に厳しいので、ペーパーナイフは流行らなくなっているのかもしれません。

我が家ではラピスラスリの置物について、より実利的な会話がかわされます。つまり、ネットオークションで売ったら、どれくらいのがつくか、です。少し前に、下の子が持っているムシキングのとてもレアなヘルクレスオオカブトのカードが5000円の値をつけていたことがありましたので、10センチ角のピラミッドもいいセン行くんではないかと話したりします。子供達もエコノミストの血を引いているのかもしれません。ただし、我が家のラピスラスリのピラミッドは、ジャカルタに住んでいた時に大理石の床に落として、少しだけではありますが、角が欠けていることを私から指摘して、ネットオークションで売り飛ばされないように予防線を張っておいたりします。

今夜のブログは海外生活の思い出の日記に分類しておきます。

|

« 今日も午後から渋谷に出かける | トップページ | エコノミストはどうして数学を使うのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/8602646

この記事へのトラックバック一覧です: スカラベはラピスラスリで出来ている:

« 今日も午後から渋谷に出かける | トップページ | エコノミストはどうして数学を使うのか? »