« IMFの世界経済見通しと日本政府のデフレ脱却宣言 | トップページ | 2006年9月15日本日の雑感 »

2006年9月14日 (木)

植草教授が2度目の逮捕

今日の夕刊各紙に植草教授の逮捕の記事が出ていました。我が家の朝日新聞には顔写真入りでした。品川駅での手鏡の次は京急電車で女子高生のお尻を触りに行った痴漢行為だそうです。このエントリーはいつもの朝日新聞のサイトからの引用です。

電車内で女子高校生(17)の尻を触ったとして、警視庁は13日夜、名古屋商科大学大学院客員教授の植草一秀容疑者(45)=東京都港区白金台3丁目=を都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕した。逮捕当時、酒を飲んでおり「覚えていない」と否認しているという。
蒲田署の調べでは、植草容疑者は13日午後10時ごろ、京浜急行の品川駅から京急蒲田駅に向かう電車内で、女子高校生の尻を後ろから触った疑い。この生徒が叫び、乗客が取り押さえた。
植草容疑者は早稲田大学大学院教授だった04年4月、JR品川駅のエスカレーターで女子高校生のスカートの中を手鏡でのぞこうとしたとして、同条例違反(粗暴行為)の疑いで現行犯逮捕された。裁判では一貫して無罪を主張したが翌年4月、東京地裁で罰金50万円、手鏡没収の有罪判決が確定している。

植草教授も1度目の手鏡の時は無罪を主張していたりしたんですが、裁判では控訴せずに地裁の判決を受け入れましたし、さすがに、2度目の今回はもうダメでしょうね。しかも続けて現行犯逮捕となればなおさらです。エコノミストとしてはまっとうな主張をしていただけに、やや残念ではありますが、もう誰も容赦しないでしょう。ここまで来れば。一昨日9月12日のエントリーで飲酒運転について取り上げ、お酒を飲んで自動車を運転するのはダメと書いたんですが、程度問題ではあるものの、酔っ払って電車に乗るのも、酔った勢いで痴漢行為に走るのであればNGでしょう。
私が若い頃は、マスコミで将来の次官候補と取り上げて欲しければ、ハレンチ罪を犯すか自殺すれば、どこかの素っ頓狂な週刊誌ワイドショーあたりが「将来の次官候補だった」と報道してくれる、と冗談をいったりしていたんですが、幸か不幸か、私はハレンチ罪を犯すことも、自殺することもなく、何とかこの歳まで公務員を続けて、今では誰も将来の次官候補とは考えてくれないくらい大きくコースアウトしてしまいました。私が就職したころの大企業は毎年500人くらい採用して、社長は10年くらい続けていましたから、社長になれるのは5000人に1人と考えられ、公務員に就職して事務次官になる方が確率が高いかと思ったんですが、人生は確率通りには行きません。

それはさて置き、飲酒運転のように被害者の生命を奪うということはなさそうではありますが、酔っ払っての痴漢行為も何としても止めて欲しいものです。お酒の好きな人は重々ご注意下さい。

|

« IMFの世界経済見通しと日本政府のデフレ脱却宣言 | トップページ | 2006年9月15日本日の雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/8602675

この記事へのトラックバック一覧です: 植草教授が2度目の逮捕:

« IMFの世界経済見通しと日本政府のデフレ脱却宣言 | トップページ | 2006年9月15日本日の雑感 »