« 開成祭に行く | トップページ | 赤坂図書館に行く »

2006年9月24日 (日)

下の子をカブ隊に連れて行く

今日はボーイスカウトのカブ隊の活動があります。下の子がビーバー隊からカブ隊に上進して、初めての活動です。下の子は張り切って早くからカブ隊の制服に着替えて、ビーバー隊の時より早めに家を出ます。というのは、ビーバー隊の隊長さんは少し遅刻気味で集合場所にやって来るんですが、カブ隊の隊長は集合時刻厳守に厳しいと聞いていたからです。私は何の疑いもなく付き添います。さすがに、カブ隊の制服はビーバー隊よりもカッコよくて、子供も私も大満足です。でも、制服や制帽はカッコいいんですが、中身が特別に進歩したわけではないので、着替えにも時間がかかりますし、私も心配でいっしょに付き添って行くことにします。
ビーバー隊と同じ集合場所に、同じ集合時刻で10分くらい早めに着きます。でも、さすがに、集合時刻に厳しい隊長さんのご指導宜しく、すでに到着している子もいました。ウチの子より学年は上らしいんですが、ウチの子の方が背は高かったです。それはともかく、さすがに、ビーバー隊からカブ隊に上進して、付添いの親の姿は見当たりません
ウチの子がカブ隊に上進する際に、制服制帽などは買い求めたんですが、ビーバー隊に参加していた時には、制服やキャップなんかは借りていたんで、そのビーバー隊の時の制服やキャップを返却するために、私は付添いで来たんだ、というフリをしてビーバー隊の制服やキャップを麗々しく袋に入れたのを、ビーバー隊の知合いに渡します。私はまた解散時刻である正午くらいに戻ります、とボーイ隊の制服を着たオバサンに告げて、私は退散します。
読みかけのトフラー「富の未来」をカバンに入れて来たので、その辺のお店に入って、飲み物1杯で2時間近く粘ります。飲み物が通常価格で200円くらいで、それでもそんなに高くないとは思うんですが、5枚の回数券で600円だったので、とても割安感があり、今後も、このような時間つぶしを必要とする可能性が大きいと考え、回数券を買い求めました。しかし、1時間半ほどで持ち込んだ本を読み終わってしまいます。時間を潰すために、脚注なんかを拾い読みしたりして努力します。私は怠け者ですから、活動に付き添うよりもラクでよかったです。
正午前に集合場所に戻って、最後の解散を待ちます。カブ隊はビーバー隊と違って、都度、次回予定なんかをメモしなければなりませんので、ウチの子がちゃんとメモ出来るかどうか、少し不安があり、私もいっしょに隊長の近くに陣取って聞き耳を立て、次回予定や注意事項をメモします。

その辺で読書しながら時間を潰したので、カブ隊の活動内容はよく分からなかったんですが、ウチの子に聞くとロープの使い方なんかを教わったそうです。そういえば、カブ隊への上進式で歌集などとともにロープをもらった記憶があります。ということで、家に帰ってから、下の子はロープの結び方なんかを私にせっせと教えてくれました。

下の写真は、家を出る時の制服制帽姿と家に帰ってからロープの結び方を教えてくれる下の子です。

カブ隊  ロープ

|

« 開成祭に行く | トップページ | 赤坂図書館に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/8602689

この記事へのトラックバック一覧です: 下の子をカブ隊に連れて行く:

« 開成祭に行く | トップページ | 赤坂図書館に行く »