« 生産性を引き上げることは可能か? | トップページ | 格差の是正と教育再生 »

2006年10月25日 (水)

日本ハムが日本シリーズで3連勝

みなさんご存じの通り、今年の日本シリーズは日本ハム対中日です。少し前にこのブログでも書きましたが、阪神がセリーグで優勝できなかったので、私は新庄がいる日本ハムを応援しています。でも、ほとんど日本シリーズは見ていません。まあ、阪神が出ていないんですから、興味もありませんでしたが、今夜は久し振りに9時過ぎからテレビを点けて、終盤戦をテレビ観戦しました。ポケモン以外は余り見慣れないチャンネルだったので、コマーシャルが少しヘンだと感じたのは私だけでしょうか。
まず、見始めた時に3-0だったので経過を確認すべく、インターネットを調べます。すると、いつも見ている朝日新聞のサイトに、ヒルマン監督を批判して出場停止になっていた日本ハム先発の金村投手が、頭を下げてからマウンドに上った写真が掲載されていました。テレビのリプレイでも何度かやっていました。実は、私はサラリーマンとして、必ずしも上司に従順な方ではありません。上司のいうことをお説ごもっともと受け入れるのも給料のウチならば、お諌めするのも給料のウチと思っています。ですから、監督は絶対とする体育会的な論調と違って、監督批判もそれなりに容認するんですが、それにしても、ぬるま湯の公務員の世界と違って、プロ野球なんかは結果が明確に出る勝負の世界ですから、日本ハムをリーグ優勝に導いて、日本シリーズも今夜までのところ、3勝1敗と断然有利に展開しているヒルマン監督ですから、この実績ある采配に異議を唱えたのは間違いだったと、文字通り、素直に脱帽するべきなんでしょう。
それにしても、新庄選手はカッコいいです。私は今夜まで知らなかったんですが、新庄ではなくSHINJOとアルファベットでスコアボードに表記してありました。登録名がそうなっているからなのでしょう。でも、すぐ横の方に外国人選手がセギノールとカタカナで書いてあるのに、新庄選手の名前が縦書きでSHINJOとなっているのは少し違和感を感じないでもありませんでした。足が速くて肩が強くて、外野手としての守備は天下一品で、打撃の方もややムラがあるものの、意外性を備えた選手で、しかも、がありますから、人気が出るのも当然でしょう。阪神から大リーグに移った時は少し残念に思いましたが、日本のプロ野球界にとってはよかったのかもしれません。

阪神を破って日本シリーズに進出した中日をセリーグの代表と考えたくもありますが、やっぱり、阪神OBの新庄選手のいる日本ハムを応援してしまいます。でも、来年こそは阪神タイガース日本一になってもらいたいです。

|

« 生産性を引き上げることは可能か? | トップページ | 格差の是正と教育再生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/8602729

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ハムが日本シリーズで3連勝:

« 生産性を引き上げることは可能か? | トップページ | 格差の是正と教育再生 »