« 格差の是正と教育再生 | トップページ | 青山通りのハロウィン・イベントに行く »

2006年10月27日 (金)

小学校の学校公開日に行く

昨日の木曜日から来週の水曜日にわたって、我が家の子供達の通う小学校で学校公開日を行っています。学校が保護者や地域に対して公開されるのはとてもいいことで、私も及ばずながら協力するために、学校公開日が始まった昨日は朝の通勤の際にチラリと小学校に立ち寄った後、今日は本格的に有給休暇を取って、午後から小学校に行ってきました。
我が家の子供達は小学4年生と2年生で2人いますから、教室を交互に行き来します。小学校で午後からの授業といえば5時間目と6時間目です。5時間目はおにいちゃんが社会科の郷土の発展について教わっていました。玉川上水についての授業でした。下の子は算数です。二桁の足し算と引き算の勉強です。私がいたので先生も気を使ってくれて、ウチの子が最初に当てられていました。6時間目はおにいちゃんが国語の図書の時間で、図書室で読書していました。下の子も国語の授業で漢字を教わっていました。私が見ているからでもないんでしょうが、ウチの子はどちらもまじめな態度で授業に臨んでいました。
それにしても、私が小学生だった大昔の授業参観といえば、学校公開日とは厳密には違うのかもしれませんが、教室の後方スペースは鈴なりで、とてもたくさんの保護者が詰めかけていたもんです。でも、学校公開日として1週間にわたって保護者を受け入れていると適度に分散されるのか、せいぜい、保護者は教室当たりで多くても2-3人くらいでした。でも、学校や先生にはいい刺激になるような気がします。
下の子の教室で女房と鉢合わせします。割合と教室の子供達がお利口に静かに授業を受けている中で、夫婦で私語を交わします。体育館で作品が展示されているので、見に行くように女房から示唆を受け、スリッパに履き替えて、体育館で子供達の作品を鑑賞します。もっとも、私が主として鑑賞したのはウチの子供達の作品です。子供達の気が散るでしょうから教室では写真は遠慮していたんですが、体育館は保護者しかいませんから、心行くまで我が家の子供達の作品を写真に収めました。
下の写真は、上の2枚がおにいちゃんの作品で、下の2枚は下の子の作品です。子供の写っていない写真をこんなに撮ったのは久し振りな気がします。

原始人  恐竜時代
毎日の生活  笑顔

|

« 格差の是正と教育再生 | トップページ | 青山通りのハロウィン・イベントに行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/8602731

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校の学校公開日に行く:

« 格差の是正と教育再生 | トップページ | 青山通りのハロウィン・イベントに行く »