« 安倍内閣の経済政策の出番はいつか? | トップページ | インターネットの国別ドメイン »

2006年11月 1日 (水)

吉野家の牛丼が5日間限定で復活

今日から5日間の予定で吉野家の牛丼復活しました。毎日11時からなくなるまでとかで、来月に入ったら毎日やるそうです。吉野家のホームページのキャンペーンのお知らせはこちらです。9月、10月と食べ逃していたので、今日は朝から気合を入れて昼食に行きました。BSEの可能性については、私は特に気にしていません。そんなによく知っているわけではありませんが、BSE牛が発見された頭数は、1000頭当たりで見れば日本の方が米国より多いんではないでしょうか。もちろん、コトがコトですので、自己責任の下、みなさんも自己判断でお願いします。

私が現在出向している役所からは赤坂に出るのが一番近く、私以外の若い連中3人とともに歩いて赤坂に出ます。男4人で吉野家の牛丼を目指します。我々が吉野家に着いた時点で、短い行列が出来ていました。並んで待っていると、注文を聞きに来てくれます。2軒ハシゴするつもりだったので、まず、並盛と生卵を頼みます。注文表の豚丼のところに丸をつけてくれたので、ちょっぴり不安になって確認すると、注文表の印刷が間に合わなかったようで、豚丼を牛丼と読み替えるようです。並んだ上に、豚丼を食べさせられたんではたまりません。いよいよ行列の最終段階で、お店に入って牛丼を食します。もちろん、吉野家の特性からして4人バラバラの席になります。いっしょに行った若い人の中には、久し振りで感激していた同僚もいましたが、私はイマイチ感が少しありました。それでも、みんなでもう1軒行こうということになり、赤坂をうろつきます。でも、もう1軒の吉野家はBSE騒動の波に抗し切れなかったのか、どうも、潰れてしまっていたようです。とっても残念
みんなもう1軒行くつもりでしたので、もう少し何か食べたいということになります。どうせなら、1軒目で大盛を頼んでおけばよかった気もしますが、こういう場合に適切なのは後の祭りという言葉です。ラーメンでは多すぎると考え、仕方がないので、ウチの子がボーイスカウトでお世話になっている人が若旦那をしている甘味処が一ツ木通りにありますので、そこに入って、男4人であんみつみつまめを食べてお仕舞いにしました。

12月からは毎日ランチタイムに牛丼が復活するらしいのですが、取りあえず、今月は今日から11月5日までの限定らしいので、私は明日のランチも吉野家に牛丼を食べに行きたいと考えています。

|

« 安倍内閣の経済政策の出番はいつか? | トップページ | インターネットの国別ドメイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/8602737

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家の牛丼が5日間限定で復活:

« 安倍内閣の経済政策の出番はいつか? | トップページ | インターネットの国別ドメイン »