« 交流戦になってもタイガース打線が振るわない | トップページ | エコノミストの文学表現 »

2007年5月28日 (月)

ゲーマーに必要なパソコンのスペック

今日も、朝からいいお天気で気温も上がりました。ここ数日、風が強い気がします。

引き続き、Windows Vista パソコンへの買換えを控えて、いろいろと情報収集していたんですが、やっぱり、通常ユーザよりもゲーマーの方がハイスペックを要求するんだということに、今さらながらに気付きました。
5月16日点けのエントリーでも紹介しましたが、私や女房のような一般的なユーザは、インターネットを閲覧して、メールをやり取りして、ワープロで文章を作成したり、デジカメの写真を保存したりするだけで、現在の Windows XP で十分な気がするんですが、ゲーマーはハイスペックを要求するようです。一例として、livedoor ニュースから、デルが3GHz超えオーバークロック動作に対応するハイエンドゲーマー向けのパソコンを発表したニュースを引用すると以下の通りです。

デルは5月28日、ゲーマー向けのハイエンドデスクトップPC「PS 720 H2C エディション」を発表、本日より発売を開始する。カスタマイズに対応、価格は38万4825円から(税込み)。
XPS 720 H2Cは、同社個人向けプレミアムブランドPC「XPS」シリーズの最上位モデルとなる製品で、従来モデルの「XPS 710」シリーズを継承したアルミ製筐体を採用。新たにBlu-rayディスクの搭載に対応したほか、CPUのオーバークロック動作を可能としており、Core 2 Extreme QX6700搭載時には3.2GHz、Core 2 Extreme X6800搭載時には3.46GHzでの動作をサポート。冷却システムは、「XPS 710 H2C エディション」と同様の液体ラジエータを用いたH2C(二段冷却)システムを採用している。

我が家では子供達がゲーマーですから、親よりもハイスペックなパソコンを必要としています。もちろん、ゲームだけでなく、メールのやり取りや文章作成もするんですが、ネットでフラッシュ素材を満載したホームページを見たり、オンラインゲームのクロノスをプレーしたりと、パソコンに負担をかけることについては、子供達の方が親以上だという気がします。
クロノスのプログラムについても、そもそも、300MB のファイルをダウンロードする必要がありますし、このプログラムの最低環境が CPU で見て、Pentium III 700MHz なんですが、推奨環境は Pentium IV 1.7GHz だったりしますので、我が家のパソコンでは最低環境をギリギリ満たしているだけです。ですから、ゲーム中にフリーズしたりして、子供達の不満が高まっています。時折、子供達といっしょに家電量販店でパソコンにインストールするタイプのゲームソフトを物色しないでもないんですが、ほとんどのゲームの推奨環境が我が家の現有のパソコンを上回っていたりして、諦めざるを得ないこともあります。
我が家でも、教育費とともに、子供にリソースをつぎ込む時代を迎えたのかもしれません。

|

« 交流戦になってもタイガース打線が振るわない | トップページ | エコノミストの文学表現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/8602980

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーマーに必要なパソコンのスペック:

« 交流戦になってもタイガース打線が振るわない | トップページ | エコノミストの文学表現 »