« 下の子をカブ隊に、おにいちゃんを理科教室に連れて行く | トップページ | ミシュランのガイドブック東京版の発売 »

2007年11月19日 (月)

週末にブログのテンプレートのスタイル・シートを変更する

今日も、朝から秋晴れのいいお天気だったんですが、昨日の木枯らし1号に続いて、今日は気温が大幅に下がり、日本海側では雪が降っている地方もあるようです。東京でも真冬並みの寒いお天気の一日で、私はコートを出そうかと思ったんですが、取りあえず、マフラーだけで済ませました。まだまだ、男性でコートを着ている人は少ないような気がしますが、寒い日が続けば、私もコートを着用に及びたいと思います。段々と朝起きるのがツラい季節に入ってきたような気がします。

この週末は子供達がアチコチと忙しく出かけたので、逆に、私の方は時間的な余裕があり、ミラーの方も含めてブログの表示をいろいろと試してみたりしました。特に、ミラーのココログの官庁エコノミストの日記は、プロが作成・配布しているのを参考に、我が母校の京都大学をイメージしたテンプレートを自作してみました。ネットから画像を集めて、スタイル・シートなんかを工夫しました。私はデザインのセンスが悪いのでかなり苦労させられました。おヒマがあればご覧下さい。
出来合いのテンプレートで、出来合いのスタイル・シートしか利用できないブログもあるんでしょうが、工夫すれば、さらに、それなりの html に関する知識は必要ですが、かなりの程度、見栄えを変えることは可能なブログが多いような気がします。スタイル・シートだけではなく、 html そのものを編集出来ると表示項目そのものを変えることも可能です。デザインについてはセンスの問題なので、評価は分かれるんでしょうが、それなりに凝ったテンプレートも可能だと思います。特に、私のブログの特徴から、テンプレートのスタイル・シートについて重視しているのは重要と考える順に以下の7点です。

  1. フォント
    一応、私は国際派エコノミストではないかと考えないでもないので、場合によっては英語を使ったりします。今まで、英語だけでなく、フランスの Le Monde から仏語、チリの El Mercurio から西語の引用をしたこともあります。これは歴史的事実です。ですから、日本語フォントでアルファベットを表示するのではなく、欧文フォントを使いたいと思わないでもありません。 html のスタイル・シートでは表示フォントの優先順位を指定できます。私のブログでは Times New Roman にトップの優先順位を与えている場合が多いです。マシンによって欧文フォントがなかったりする場合は、それ以外のフォントで表示しますし、もちろん、日本語はデフォルトに指定されているフォントで表示されます。
  2. 行間設定
    私のブログでは強調のために大きなフォントや色付きで表示する場合があります。少し前までは多用していたんですが、今では厳選して使うようにしていたりします。その昔に、主婦の友社から発行された「金魂巻」という本があり、マル金、マルビなどの流行語を生み出したんですが、この本の影響かもしれません。それはともかく、ブログのテンプレートで行間が固定されていると、フォントを大きくした場合に詰まってしまいますから、私は通常はフォント大きさの1.5倍で行間を指定しています。 html のスタイル・シートでは line-height の属性で指定します。しかし、私は 1.5 も 150% も 1.5em も同じだと理解していたんですが、ブラウザによる見え方の違いからか、1.5 で指定しないとダメだということに、最近ようやく気付きました。
  3. 引用文の体裁
    新聞記事なんかを引用する場合、著作権の観点からも引用であることが明確に分かる形で引用したいと考えています。さらに、私の場合は引用元にリンクを張るようにしています。 html では blockquote タグが使えますから、引用した部分を枠囲みしたり、背景色を通常とは違えたりするのもスタイル・シートで設定します。なお、私の場合はフォントを小さめのイタリックにする場合が多いんですが、これはスタイル・シートではなく、直接にエントリー本文で指定しています。
  4. リスト項目の体裁
    エントリーで文章を書き連ねて行くよりも、箇条書きで整理する方が見やすい場合もあります。ブログ特有の事情ではなく、通常の社会一般で作成する文章全部に言えることかもしれません。ですから、番号付きの箇条書き、番号なしのリストも私はよく使います。 html では番号付きの ol タグや番号なしの ul タグに li タグを組み合わせて使います。テンプレートの中には ol タグと ul タグを区別しないようなデフォルトの設定になっているものもありますし、適切な左余白が置かれていない場合もあったりしますから、テンプレートによっては自分で修正することもあります。
  5. サイドのリンクの下線
    デフォルトの html ではリンクは青色のテキストで下線付きで表示されます。でも、サイドにはバックナンバーとして月別のエントリーへのリンクがあったり、カテゴリー別のエントリーへのリンクが置いてある場合が多いです。私のブログの場合は、アルベムへのリンクが長々と続いたりしています。リンクを示すサイドのテキストにいちいち下線がついているのは、私にはわずらわしく見える場合もあります。ですから、スタイル・シートでテキストの色を指定するついでに下線は消しています。マウスでポイントした時だけ下線が現れるようになっています。もっとも、エントリー本文のリンクは分かりやすいように常に下線を引いています。まあ、このあたりは趣味の問題です。
  6. エントリーの背景
    背景色はなるべく白っぽい色にしています。どうしてかと言うと、グラフや表が必要な場合、私はネットから画像を拾って、透過 gif に変換して使っているんですが、背景色が濃い色だと見えにくい場合が多いからです。特に、経済評論の日記の場合は、最近、景気の転換点を探るためにも熱心に図表を掲載しています。この場合、真っ白でなくても、透過 gif が見やすい背景色にするのも、スタイル・シートで簡単に変更することが出来ます。
  7. エントリーの横幅
    テンプレートの中にはエントリー本文の横幅が狭いものもあったりします。私は 200 ピクセルに縮小表示した子供達の写真を並べて置くことがありますから、最低でもエントリー本文の横幅が 420 ピクセルくらい欲しいところです。写真だけでなく、先週には GDP 統計の表を置いたりしましたが、これもある程度の横幅を要します。このため、エントリーの横幅が制約される可能性が高いという意味で、3カラムのテンプレートは避けていますが、それでも横幅の狭いテンプレートの場合はスタイル・シートで横幅を広げたりします。

週末に少し苦労したので、その経験を活かして、今夜のエントリーはブログのテンプレートのスタイル・シートに関するトリビアな日記でした。

|

« 下の子をカブ隊に、おにいちゃんを理科教室に連れて行く | トップページ | ミシュランのガイドブック東京版の発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/8999436

この記事へのトラックバック一覧です: 週末にブログのテンプレートのスタイル・シートを変更する:

« 下の子をカブ隊に、おにいちゃんを理科教室に連れて行く | トップページ | ミシュランのガイドブック東京版の発売 »