« ゆったり過ごす日曜日 | トップページ | 日銀短観から何を読み取るか? »

2008年6月30日 (月)

霞が関や永田町は厳戒態勢

今日も、が多いながらも、梅雨の中休みで雨は降りませんでした。陽射しはなく、少し肌寒かったように感じました。

今日、官邸近くに行って少しびっくりしました。警官がいっぱいの厳戒態勢で、総理官邸側の歩道には渡らないように看板が出たりしていました。私が通勤で使っている地下鉄の駅は、当然、国会や総理大臣官邸のある永田町や私のような公務員のホームグラウンドである霞が関に近いんですが、警官が台の上に登って警戒態勢を強めていました。来週に開催される洞爺湖サミットに向けた警戒体制であることは言うまでもありません。5月31日付けのエントリーで、下の子と将棋教室に行った折の渋谷駅がものものしい警備体制だと書きましたが、さすがに、そんなもんではありません。私が記憶している限り、同じサミットでも1986年と1993年に東京でサミットが開催された時の警戒態勢よりも、1984年だったと思うんですが、当時の韓国の全斗煥大統領が来日した際の警戒態勢がものすごかったと覚えています。公務員になって日も浅かったので、エライ世界だと思った記憶があります。でも、今日の警戒態勢はそれ以上かもしれません。

実は、今日、国際決済銀行 (BIS) の年次報告書が発表されて、世界経済は "tipping point" に近づいているとリポートされているんですが、ちょっと、帰りが遅くなってフォローし切れていません。明日は日銀短観の発表ですし、もしも可能であれば、その後にでも取り上げたいと思います。今夜はこんなところでお茶を濁しておきます。

|

« ゆったり過ごす日曜日 | トップページ | 日銀短観から何を読み取るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/21994663

この記事へのトラックバック一覧です: 霞が関や永田町は厳戒態勢:

« ゆったり過ごす日曜日 | トップページ | 日銀短観から何を読み取るか? »