« 『ハリー・ポッターと死の秘宝』を読み終える | トップページ | 下の子を将棋教室に連れて行く »

2008年7月26日 (土)

中日に完勝した夜に月間 MVP について考える

今夜のテレビは特番ばっかりだったもので、めずらしく、最初の方からプロ野球観戦をしていました。3回くらいまではボロボロに押されっぱなしだったんですが、4回に関本内野手の連夜の長打で上げた2点を先発の下柳投手と JFK のリリーフ陣が守り切った、いかにも阪神らしい勝ちパターンの試合でした。昨夜は安藤投手の完投で出番のなかった JFK なんですが、久保田投手は完璧に抑えましたし、ウィリアムス投手の軽やかなフィールディングも見事でした。藤川投手については何をか況やです。昨夜に続いて3時間足らずで終わってしまいましたが、球場に足を運んだファンには満足いく試合だったでしょう。
テレビを見ていると、戦況の解説を別にして、今夜もヒーローになった関本選手の月間 MVP の話題と新たにタイガースに加わったリーソップ投手の話題が出ていました。リーソップ投手についてはよく知らないんですが、関本内野手の月間 MVP について、テレビでは数字的には横浜の村田選手の方が、打点やホームランで先行しているようなことを言っていました。テレビでは関本選手の貢献度の高さを強調していましたが、首位を独走している阪神とブッチ切りの最下位の横浜ですから、ややムリがあるような気がしないでもありません。現在の年間100敗ペースに近い横浜を見ていると、私は1990年代の阪神を思い出してしまいます。せめて、月間 MVP くらいは横浜の選手に取らしてやりたいという気もしないでもありません。月間 MVP に発奮してタイガースの優勝を脅かすようなことはないと私は断言します。我が阪神はリーグ優勝と日本一が何よりの目標でしょう。

個人タイトルよりも優勝目指して、
がんばれタイガース!

今夜もトラックバックの交換はお風呂の後にでも。

|

« 『ハリー・ポッターと死の秘宝』を読み終える | トップページ | 下の子を将棋教室に連れて行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/22569775

この記事へのトラックバック一覧です: 中日に完勝した夜に月間 MVP について考える:

« 『ハリー・ポッターと死の秘宝』を読み終える | トップページ | 下の子を将棋教室に連れて行く »