« 残暑お見舞いのごあいさつ | トップページ | 学長より辞令交付を受け研究室に入る »

2008年8月 3日 (日)

ようやく最近の動向を把握する

ようやく、最近の動向を知るようになりました。基本的にはネットとラジオに頼っています。まず、内閣改造ですが、財政再建派の与謝野大臣が経済財政担当ですから、福田総理大臣は増税に大きく舵を切ったと私は解釈しています。現在の石油や食料などの商品価格高は資源国の増税に等しいと私は考えていますので、加えて、国民の手で選んだ政府からも増税されることになります。昨年10-12月期をピークにした現在の景気後退局面は直感的には浅くて長い、と私自身は考えていますが、もしも、消費税増税がタイミング悪く実施されれば、深くて、もっと長い、ことにもなりかねないと危惧しています。

GDPUnemployment Rate

米国経済については、GDP 成長率が事前の予想より下振れしたことに加え、6月の失業率がポンと跳ね上がりました。でも、雇用者数の減少が5万人少々で済んでいますので、コチラも私は景気後退局面が浅くて長いと考えています。もちろん、日米ともに、景気後退局面が浅くて長いとする前提は商品市況がそこそこに落ち付くことですから、原油価格などがさらに上昇すれば、浅くなくて深い可能性も排除できません。

再び、メディアの報道などでは内閣改造が大きなニュースだったような気がします。特に、公務員にとっては大臣が交代するのは一大事ですから、役所は対応がタイヘンだったろうと思います。私はもう関係ありません。それにつけても、ネットで新内閣の名簿を探したところ、私の探し方が悪いのかもしれませんが、見やすいのはなかったようです。やっぱり、こういった情報に関しては、無料のネットの利便性もさることながら、たとえ有料であっても、新聞や雑誌を含む書籍の一覧性・包括性というものに一日の長があるように感じました。それから、夏の甲子園の高校野球が始まりました。その裏側で、我がタイガースの長期ロードが始まったということです。もうすぐ北京オリンピックも開幕し、主力を星野ジャパンに投入した我が阪神の今後の戦いぶりを遠く長崎から応援します。最後に、赤塚不二夫さんがお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。手塚治さん、藤子・F・不二雄さんなどもお亡くなりになり、個人がマンガを書く時代が終わりつつあるのかもしれません。「ポケモン」や現在の「ドラえもん」、あるいは、スタジオ・ジブリのような集団制作のアニメの時代を迎えつつあるような気がしないでもありません。いずれにせよ、ひとつの時代が幕を閉じたことは事実でしょう。

東京を離れる折に、職場の同僚からブログに「長崎は今日も雨だった」と書いてくれと強い要望があったんですが、とんでもない話で、長崎に着いてから毎日カンカン照りの暑い日が続いており、エアコンのない生活も限界に達して来ました。

|

« 残暑お見舞いのごあいさつ | トップページ | 学長より辞令交付を受け研究室に入る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/22747777

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく最近の動向を把握する:

« 残暑お見舞いのごあいさつ | トップページ | 学長より辞令交付を受け研究室に入る »