« 米国エコノミストは大統領候補者をどう見ているか? | トップページ | 米国雇用統計の先行きをどう考えるか? »

2008年10月 5日 (日)

今夜は快勝して首位キープ!

  RHBE
阪  神000500003 8770
ヤクルト000002100 3552

十分に予想された通り、クライマックス・シリーズ出場を決めた中日が昼間にアッサリと巨人に負けましたので、今日は何が何でも勝たねばならない試合でした。この試合でしっかりと打線が点を取って勝てたことに意味は大きいと思います。4回に5点を先取し9回にはダメ押しの3点も入れて計8点ですから、昨夜は延長12回までやって2点だった現在の打線の調子からすれば上出来です。結果的には快勝して首位キープでした。なお、当然ながら、長崎ではテレビ中継がありませんので、私はニッカンスポーツのリアルタイム速報で試合をフォローしました。
2回のチャンスを鳥谷遊撃手の三振と林外野手のピーゴロで潰して、いきなりそのウラに石川投手がフォアボール連発でピンチを招いた時にはイヤな気がしましたが、想像するに度胸満点のマウンドさばきで石川投手が抑え、4回の得点につながったように思います。このあたりはテレビで見ていたわけではないので分かりません。4回の攻撃を振り返ると、2回のワンダン3塁で三振した鳥谷遊撃手が満塁から名手・青木中堅手の頭上を越すツーベースでまず2点、林外野手フォアボールで再び満塁となった後、矢野捕手の打球はニッカンスポーツのサイトでもはっきりとボテボテと表示される当たりで、ヤクルトの三塁手がどこに投げたのか私には分からないながら、ともかく、悪送球でさらに2点入ります。この後の赤星外野手の内野安打で5点目が入ったのも結果を見ると大きかったと思います。昨夜は延長12回までやって6回も打席が回って来たにもかかわらず、とうとう出塁のなかった赤星外野手ですから、今夜は大いに奮起したんだろうと想像しています。その後もヒットやフォアボールの後、2盗塁を決めました。
ということで、新人の石川投手が5回までヤクルト打線をノーヒットのゼロに抑えたのを見届けて、一昨日の例があるので、岡田監督の継投が決まることを祈りつつ、人生最大の楽しみであるお風呂に入ります。こうなると、監督の采配の巧拙とか、選手の調子のよし悪しではなく、八卦の当たり外れの感じだったりします。果たして、お風呂から上がってネットでの観戦に戻ると、6回ウラに2点入れられた上に、7回のマウンドではアッチソン投手が満塁の走者を背負っていました。デッドボールの押出しで3点目を入れられて2点差に詰め寄られてしまいます。8回ウラからは予定通りに藤川投手の登板です。「予定通り」というのは、そもそも、アッチソン投手が8回オモテに打席の回る打順に入れられていたので、代打で藤川投手につなぐのが最初からの岡田監督の作戦だと私には見えたからです。9回オモテには金本外野手が敬遠された後、アッとびっくりのバルディリス内野手のスリーランまで飛び出して、この藤川投手が5点差の9回をラクに締めて、途中経過はともかく点差だけ見ると快勝です。それにしても、勝っても負けても引き分けても、毎日登板のリリーフ陣はお疲れさまです。
まったくどうでもいいことですが、ニッカンスポーツのサイトで観戦していると、スコアボードの上をテロップが流れて、その中に、九州6大学野球の結果で「九国大が勝利し、九州大学選手権出場決定」というニュースがありました。長崎に着任して2カ月余り、横国大というのは知っていましたが、九国大というのは知りませんでした。ネットで調べると九州国際大学だそうです。そういわれても、やっぱり知らなかったりします。まだまだ、私の知らない九州がいっぱいあるようです。

雨かもしれないけど、明日もやっぱり、
がんばれタイガース!

|

« 米国エコノミストは大統領候補者をどう見ているか? | トップページ | 米国雇用統計の先行きをどう考えるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/24289833

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜は快勝して首位キープ!:

« 米国エコノミストは大統領候補者をどう見ているか? | トップページ | 米国雇用統計の先行きをどう考えるか? »