« 定額給付金をどう考えるか? | トップページ | 長崎は今日も雨だった »

2009年1月25日 (日)

アカデミー賞候補作の外国語映画部門に『おくりびと』が入る

メディアのニュースで大々的に報じられていますが、米国の映画芸術科学アカデミーから映画の第81回アカデミー賞の候補作が発表されました。日本作品では滝田洋二郎監督の『おくりびと』が外国語映画部門でノミネートされました。誠に残念ながら私は見ていませんが、本木雅広さんが納棺師を演じる映画で、日本映画が外国語映画部門候補になるのは5年前の第76回の山田洋次監督『たそがれ清兵衛』以来だそうです。主演・助演の男優・女優部門と監督部門・作品部門の主要6部門にプラス外国語映画部門の候補作を Oscar.com のサイトから引用すると以下の通りです。なお、私は公務員を長らくやっていますので出現順を気にするんですが、引用元に従っています。たぶん、男優・女優については姓の、作品については冠詞を除いたアルファベット順なんだという気がします。それから、部門の日本語訳は私が付しました。間違っているかもしれません。悪しからず。

  • Actor in a leading role (主演男優部門)
    • Richard Jenkins, THE VISITOR
    • Frank Langella, FROST/NIXON
    • Sean Penn, MILK
    • Brad Pitt, THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
    • Mickey Rourke, THE WRESTLER
  • Actor in a supporting role (助演男優部門)
    • Josh Brolin, MILK
    • Robert Downey Jr., TROPIC THUNDER
    • Philip Seymour Hoffman, DOUBT
    • Heath Ledger, THE DARK KNIGHT
    • Michael Shannon, REVOLUTIONARY ROAD
  • Actress in a leading role (主演女優部門)
    • Anne Hathaway, RACHEL GETTING MARRIED
    • Angelina Jolie, CHANGELING
    • Melissa Leo, FROZEN RIVER
    • Meryl Streep, DOUBT
    • Kate Winslet, THE READER
  • Actress in a supporting role (助演女優部門)
    • Amy Adams, DOUBT
    • Penélope Cruz, VICKY CRISTINA BARCELONA
    • Viola Davis, DOUBT
    • Taraji P. Henson, THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
    • Marisa Tomei, THE WRESTLER
  • Directing (監督部門)
    • THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
    • FROST/NIXON
    • MILK
    • THE READER
    • SLUMDOG MILLIONAIRE
  • Foreign Language Film (外国語映画部門)
    • The Baader Meinhof Complex
    • The Class
    • Departures
    • Revanche
    • Waltz With Bashir
  • Best Picture (作品部門)
    • THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
    • FROST/NIXON
    • MILK
    • THE READER
    • SLUMDOG MILLIONAIRE

『おくりびと』

『おくりびと』は外国映画賞の3番目で緑色のフォントにしてある Departures です。リンク先には Oscar.com の作品紹介があります。上の画像も同じサイトから引用しています。私は子供達とポケモン映画を見るくらいで洋画には詳しくないので、知り合いの受売りなんですが、落選作品や男優・女優にも注目が集まったそうです。例えば、作品部門で The Dark Knight が入らず、主演男優部門と主演女優部門で Gran Trino の Clint Eastwood や Revolutionary Road の Leonard DiCaprio や Kate Winslet が入らず、 Revolutionary Road では助演男優部門に Michael Shannon が入っただけで、作品賞にもノミネートされませんでした。繰返しになりますが、単なる受売りです。加えて、ほとんどの映画名や俳優さんの名前は Oscar.com から引いていますので英語そのままです。これも悪しからず。

発表は来月2月22日の予定だそうです。何となくヒマにしている日曜日に、コピペで済ませた映画のアカデミー賞に関する軽い話題でした。

|

« 定額給付金をどう考えるか? | トップページ | 長崎は今日も雨だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/27422171

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞候補作の外国語映画部門に『おくりびと』が入る:

« 定額給付金をどう考えるか? | トップページ | 長崎は今日も雨だった »