« 恩田陸『きのうの世界』(講談社)を読む | トップページ | 子供達とリスーピアに行き振り子の衝突の実験をする »

2009年2月20日 (金)

春休み子供向け映画のレビュー

我が家では、この春からおにいちゃんが中学に進学し、受験も終えてややのんびり過ごしています。塾通いの中心は下の子に移った感があります。この春休みは昨年ほど忙しくない気もします。ということで、冬休み映画はサボったんですが、春休み映画については2本だけ取り上げたいと思います。先週の日曜日にはやや先走って夏休みのポケモン映画を取り上げてしまいましたので、順序が逆になりました。2本とは「超劇場版 ケロロ軍曹 撃侵 ドラゴンウォリアーズ であります!」「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」です。まず、上の画像がケロロ軍曹の映画のポスターで、下がドラえもんです。我が家ではケロロ軍曹の映画を見ることに決めていて、すでに前売り券も買ってあります。

「超劇場版 ケロロ軍曹 撃侵 ドラゴンウォリアーズ であります!」

「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」

今夜のエントリーは映画が封切られる前に Yahoo からコピペで済ませていますのでネタバレはないと思います。まず、ケロロ軍曹の映画ですが、大人から子どもまで世代を問わず、幅広く愛されている超人気アニメーションの劇場版第4弾です。原作コミック10周年を迎える本作では、フランスの世界遺産モン・サン・ミシェルを舞台に、謎の少女シオンも加わって巨大物体“竜のしっぽ”の謎に立ち向かうケロロ軍曹たちの活躍を描きます。主題歌を担当するのは、人気デュオのKiroroだそうです。ケロロ軍曹が地球へ出発する日を描く同時上映の短編も必見ということのようです。あらすじは、くだらない侵略作戦を実行しては夏美たちに邪魔される日々を送るケロロ軍曹だったんですが、ある日、謎の巨大物体“竜のしっぽ”が世界中に突如現われ、その正体を探るため、世界各国へでケロロ小隊は調査活動を開始しますが、タママ二等兵がパリで行方不明になってしまい、消息を追うケロロ一行たちも、フランスへとやってくることになります。
次に、ドラえもんの映画ですが、1980年以来、春映画の顔として国民的な人気の「映画ドラえもん」シリーズの、声優陣やキャラクターデザインを一新した新シリーズの劇場版第4弾です。1981年の『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』をベースにした本作では、とある異世界で起こる陰謀から友だちと星を守るため、ドラえもんたちが奮闘します。謎の美少女モリーナ役を香里奈が、クレム役をアヤカ・ウィルソンが演じるほか、柴咲コウが歌う物語のラストを感動的に彩る主題歌も聴き逃せないとのことです。あらすじは、ある日、部屋の畳が突然跳ね上がりドラえもんとのび太は驚きますが、のぞき込むと、そこははるか宇宙の彼方を航海する宇宙船につながっていました。宇宙船を操縦しているロップルと宇宙ウサギのチャミーは、「コーヤコーヤ星」という星に移り住んで開拓している途中で、その資源豊かな星をガルタイト鉱業の一味が狙っていると告げられます。
もちろん、この2本以外にも、「ヤッターマン」や「ドラゴンボール」の実写版の映画、ディズニーでは「マダガスカル」の続編、なんかも春休みの子供向け映画で人気が出そうだという気がします。また、ポケモン映画との間を埋めるという観点からは、毎年、ゴールデンウィークに上映される「クレヨンしんちゃん」や「名探偵コナン」の映画もあります。我が家では一昨年までゴールデンウィークには「クレヨンしんちゃん」の映画を見続けてきたんですが、昨年は子供達が「名探偵コナン」の映画を見ると言い出して、チョッピリながら成長を実感したりしました。見る方の子供達といっしょで、映画の方も進化して行くものだという気がします。例えば、ケロロ軍曹の映画はいまだに2本立ての同時上映ですが、最初の劇場版では2本立てにするもんだという初期条件がまだ続いているような気がします。すでに流行のピークはとっくに過ぎた「ムシキング」なんかでも、我が家が2005年12月に見た時には2本立てで、結局、ポケモンやドラえもんなどのように同時上映がなくなるまで人気は続きませんでしたが、ポケモンも最初のころは2本立てで、「ピカチュウたんけんたい」とかの短編といっしょに上映されていました。2001年の劇場版第4作目まで2本立てでしたが、今では1本だけの堂々のロードショーです。ケロロ軍曹も今年が劇場版第4作で今まで2本立てが続いていますが、そのうちに同時上映なしに進化する日が楽しみです。また、配給する映画会社にもよるんですが、映画が上映される映画館の格もあります。ドラえもんやポケモンは押しも押されもせず、例えば、東京では有楽町マリオンで上映されていますが、名探偵コナンはまだマリオンには進出していません。ケロロ軍曹に至ってはもっと小さな映画館で上映されています。ケロロ軍曹の映画が同時上映なしの1本だけでマリオンで封切られる日が来るのか、それとも、その前に人気が落ちるのか、私はとっても興味があったりします。

何となく、おにいちゃんの中学受験が過ぎてから、早くも春休み体制に入っている我が家だったりします。のほほんとした雰囲気を味わっていただければ幸いです。

|

« 恩田陸『きのうの世界』(講談社)を読む | トップページ | 子供達とリスーピアに行き振り子の衝突の実験をする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/28235723

この記事へのトラックバック一覧です: 春休み子供向け映画のレビュー:

« 恩田陸『きのうの世界』(講談社)を読む | トップページ | 子供達とリスーピアに行き振り子の衝突の実験をする »