« 港地区のカブラリー | トップページ | 川上未映子『先端で、さすわさされるわそらええわ』を読む »

2009年3月 2日 (月)

東大寺のお水取り

昨年は3月14日付けのエントリーにおいてクライマックスを迎えたタイミングで取り上げましたが、今年は始まったばかりのタイミングながら、やっぱり、東大寺のお水取りを取り上げたいと思います。というのも、朝日新聞のサイトで見事なスライドショーを見かけたからです。時期的に昨年の写真も含まれている気がしないでもありませんが、実に、準備段階からクライマックスの籠松明まで、すばらしい写真のスライドショーになっています。ということで、朝日新聞のサイトから直リンしています。

お水取りと称される東大寺二月堂の修二会の準備段階から、最後の籠松明のクライマックスまで35枚くらいの見事な写真を集めたスライドショーです。最初の方のツバキの造花を作っているのは「花ごしらえ」と呼ばれる作業だそうです。ほとんどすべての写真が錬行衆と呼ばれる僧侶らが主人公です。ローカルには保存していませんので、朝日新聞のサイトにある限りです。お早めにご鑑賞下さい。

先日、長崎ローカルの知り合いと話しをしていて、関西に春を告げるのはこの東大寺のお水取り、「では長崎は?」と聞いたら、もう終わったんですが、旧正月の長崎ランタン・フェスティバルではないか、との答えでした。また、もう少し先の桜の季節くらいからながら、ハタ揚げ=凧揚げも有名だとのことでした。私は不勉強にして、どちらも知りませんでした。

|

« 港地区のカブラリー | トップページ | 川上未映子『先端で、さすわさされるわそらええわ』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/28439242

この記事へのトラックバック一覧です: 東大寺のお水取り:

« 港地区のカブラリー | トップページ | 川上未映子『先端で、さすわさされるわそらええわ』を読む »