« 久し振りに将棋の話題とがんばれ侍ジャパン! | トップページ | 第3次産業活動指数に見る景気底割れの可能性 »

2009年3月16日 (月)

WBC 第2ラウンドで侍ジャパンはキューバに快勝!

  RHBE
日  本003110001 61252
キューバ000000000 0800
  1. (右) イチロー
  2. (遊) 片岡
  3. (左) 青木
  4. (三) 村田
  5. (DH) 小笠原
  6. (一) 内川
  7. (中) 福留
  8. (捕) 城島
  9. (二) 岩村
  10. (投) 松坂

昨日は忙しかったんですが、大学教授としても東京での研究所の非常勤の研究員としても、昨年までのサラリーマン生活と違って半分くらい自由業的な時間の自由に助けられて、今朝からはテレビで WBC の第2ラウンドのキューバ戦を観戦しました。結果は広く報じられている通り、また、上のスコアボードにお示ししたように侍ジャパンの快勝でした。ついでながら、スコアボードのほかに先発オーダーも収録してあります。もっとも、私は終盤のイニングを少しテレビ観戦しただけで、全部を見たわけではありません。先頭打者にツーベースを打たれながらも、最後、我が阪神の藤川投手が締めたので感激したというだけのお話です。
ということで、すべてをテレビ観戦したわけではありませんが、結果を振り返ると、早めの回に先制点を上げ、中盤に続けざまに中押しして、最終回にもダメ押しと、打つ方は理想的な展開で、投げる方も先発の松坂投手が6回まで無失点に抑えた上に、岩隈投手、馬原投手、最後は藤川投手と惜しげもなくつぎ込んで無四球のゼロ封と、文句なしの展開でした。先発のエースと後続投手が踏ん張ってキューバ強力打線をゼロに抑える中で、打線は2桁12安打の6得点、特に、4番の村田三塁手が2打点のほか、3番と6番の中軸がタイムリーを打っているんですから、何から何までほぼ完璧といえます。唯一、物足りなさが残ったのがイチロー選手です。内野ゴロの間の打点はついたようですが、5打数無安打でファールフライ落球のエラー付きですから、日本のファンはややガッカリで、ご本人にも不満が残っていることと思います。次はメキシコを破った韓国と準決勝進出をかけて、今回の WBC だけでも3回目の対戦ですから、イチロー選手は言うに及ばず、すべての選手が力を出し切って、3月7日の第1ラウンドのような爆勝での準決勝進出を期待したいと思います。

がんばれ侍ジャパン!

がんばれ侍ジャパン!

|

« 久し振りに将棋の話題とがんばれ侍ジャパン! | トップページ | 第3次産業活動指数に見る景気底割れの可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/28646234

この記事へのトラックバック一覧です: WBC 第2ラウンドで侍ジャパンはキューバに快勝!:

« 久し振りに将棋の話題とがんばれ侍ジャパン! | トップページ | 第3次産業活動指数に見る景気底割れの可能性 »