« 新型インフルエンザの経済的な影響をどう見るか? | トップページ | 今週後半の海外経済に関する情報の取りまとめ »

2009年5月 9日 (土)

第67期名人戦7番勝負第3局は羽生名人が勝ち2勝1敗に

羽生名人と挑戦者の郷田九段の1勝1敗で迎えた第67期名人戦7番勝負第3局は、一昨日の5月7日から昨日にかけて広島県福山市の福寿会館で指し継がれていましたが、昨夜遅く、後手の羽生名人が120手で先手の郷田九段を下して対戦成績を2勝1敗とし、名人位の防衛にむけて少し優位に立ちました。今回は第1局や第2局のような相矢倉ではなく、横歩取りからやや乱戦模様になりましたが、郷田九段が「後手玉に詰みが生じた」と錯覚した失着があり、最後は羽生名人が寄せ切りました。なお、第4局は今月5月20-21日に和歌山県高野町の金剛峯寺で行われます。下の画像は朝日新聞のサイトから引用した投了図です。

名人戦第3局投了図

|

« 新型インフルエンザの経済的な影響をどう見るか? | トップページ | 今週後半の海外経済に関する情報の取りまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/29524429

この記事へのトラックバック一覧です: 第67期名人戦7番勝負第3局は羽生名人が勝ち2勝1敗に:

« 新型インフルエンザの経済的な影響をどう見るか? | トップページ | 今週後半の海外経済に関する情報の取りまとめ »