« 地域経済について考える | トップページ | 東野圭吾『名探偵の掟』と『名探偵の呪縛』 (講談社文庫) を読む »

2009年7月18日 (土)

下の子がカブ隊のキャンプに出かける

今日から、下の子が活動しているボーイスカウトのカブ隊がキャンプに出かけました。今回のキャンプの眼目のひとつは料理だとかで、ある程度はスカウト達で食事を作るそうです。ということで、いつもの集合場所に集まってから、まず、近くのスーパーに食材の買い物に出かけます。私も長崎に単身赴任してからスーパーで買い物することもありますが、そのまま食べられるものだけで、食材を買うことはありませんから、他のスカウトの母親がアドバイスします。無事に買い物を終え、荷物をまとめて出発です。写真は、上から最初の集合、買い物、荷物をまとめての出発です。

キャンプのために集合したスカウト達
キャンプのために食材の買い物をするスカウト達
荷物を持ってキャンプに出発するスカウト達

ウチの子は男の子ですから、食べる方専門でもないんですが、そんなに料理には興味を持っているわけではありません。ですから、今回のキャンプでウチの子が楽しみにしていることのひとつは魚釣りだそうです。確かに、今までやったことはありませんから、初めてかもしれません。しかも、釣った魚が調理されて食事に出るんですから、やる気満々でした。

バザーで働くおとうさん
三田2丁目の交差点からみた東京タワー

下の子をキャンプに送り出してから、私はボーイスカウトの収益事業であるバザーの手伝いに行きます。今日夕方からの三田納涼カーニバルでボーイスカウトがバザーを出しています。私は早番のお手伝いで、商品の値付けや売り場の設営などを手伝います。5時に営業を開始して、集客力は抜群でした。30分足らずでかなりの商品がさばけて一段落しましたので、早番の私は早々に失礼しました。東京タワーを三田2丁目の交差点の真ん中から見るという、普段にはない体験もしました。

|

« 地域経済について考える | トップページ | 東野圭吾『名探偵の掟』と『名探偵の呪縛』 (講談社文庫) を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/30596868

この記事へのトラックバック一覧です: 下の子がカブ隊のキャンプに出かける:

« 地域経済について考える | トップページ | 東野圭吾『名探偵の掟』と『名探偵の呪縛』 (講談社文庫) を読む »