« ピッツバーグ G20 サミット首脳宣言 | トップページ | 新しいペーパー「我が国における労働調整過程の変容: VAR プロセスの応用」を書き上げる »

2009年9月27日 (日)

ナゴヤドームの3連戦でクライマックスシリーズの投手起用を考える

  HE
阪  神011060000 8130
中  日000000020 271

今日は朝早くから夕方まで外出していて、5時前に帰宅してネットでチェックすると、何と、ナゴヤドームの中日戦でボロ勝ち状態でした。中日先発が山本投手ということもありましたでしょうが、5回の狩野捕手の満塁ホームランが大いに効いている気がします。
昨日は投手陣がボロボロで7点取りながら逆転負けし、当然ながら、今日の投手起用はある程度はクライマックスシリーズも視野に入れたものとなると考えていましたが、果たしてサウスポーの岩田投手でした。このナゴヤドームの3連戦は3戦とも左投手を先発させたことになります。で、結果はご存じの通りで、今や押しも押されもせぬ阪神のエースとなった感のある能見投手と今日の岩田投手は合格点ということになります。抑えのアッチソン投手と藤川投手は万全ですので、問題は安藤投手の処遇です。どうするんでしょうか?
もちろん、これは取らぬ狸の皮算用で、明日からの神宮球場での対ヤクルト3連戦と2日置いての土曜日の甲子園での同じくヤクルトとの計4戦が山場となります。何としても3勝1敗のペースで乗り切りたいところです。

クライマックスシリーズ出場目指して、
がんばれタイガース!

|

« ピッツバーグ G20 サミット首脳宣言 | トップページ | 新しいペーパー「我が国における労働調整過程の変容: VAR プロセスの応用」を書き上げる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/31541201

この記事へのトラックバック一覧です: ナゴヤドームの3連戦でクライマックスシリーズの投手起用を考える:

« ピッツバーグ G20 サミット首脳宣言 | トップページ | 新しいペーパー「我が国における労働調整過程の変容: VAR プロセスの応用」を書き上げる »