« 2010年度概算要求の取りまとめ | トップページ | 経済協力開発機構の先行指標 (OECD/CLI) に見る先進国の景気回復 »

2009年10月18日 (日)

新しい NHK 朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」の視聴率やいかに?

「ウェルかめ」

新しい NHK 連続テレビ小説「ウェルかめ」が始まって3週間がたちました。舞台は太平洋に面する海辺の町、徳島県の美波町だそうです。実は、私はこの年齢に達してもまだ四国には渡ったことがなく、場所はよく分かりません。NHK の放送前情報のサイトにあるストーリーは以下の通りです。

ヒロイン・波美が生まれ育ったのはお遍路さんもサーファーも泊まる愉快な民宿(遍路宿)。
「お接待精神」にあふれる賑やかな家族に囲まれ育ちました。都会に出て一流女性誌の編集者をめざした彼女でしたが、ひょんなことからウミガメに導かれるように人生を大転換、故郷と向き合うことになるのです。
好奇心とねばり腰が裏目に出てドジをふみ、思わぬ方向へ流されながらも、一生懸命「海をこぎいくような」ヒロインの青春を、家族や恋の物語を縦糸に、美波生まれの同級生たちの青春模様を横糸にして描く、明るくコミカルな青春ドラマです。

なお、ビデオリサーチのサイトから最近の NHK 朝の連続テレビ小説の視聴率を引用すると以下の通りです。

放送年度番組名初回視聴率平均視聴率
2009年ウェルかめ16.0%?
つばさ17.7%13.8%
2008年だんだん16.8%16.2%
16.5%15.2%
2007年ちりとてちん17.1%15.9%
どんど晴れ14.9%19.4%
2006年芋たこなんきん20.3%16.8%
純情きらり17.7%19.4%

視聴率については、上の引用にはないものの、何と言っても1983年の「おしん」の平均52.6%が極めて偉大な数字だったんですが、最近は長期低落傾向に歯止めがかかったようにも見られません。特に、今年度前半の「つばさ」はヒロインが何に取り組んでいるのかやや不明で、登場人物もドタバタと入れ代わりが激しく、私は途中で見るのを諦めましたが、「ウェルかめ」は主人公の夢がはっきりしていますので、それなりのストーリー展開を期待しています。最後に、主題歌については私が記憶している限り、1997年度前半の「あぐり」が出色だったんですが、今年度は前後半とも主題歌が冴えないようです。

|

« 2010年度概算要求の取りまとめ | トップページ | 経済協力開発機構の先行指標 (OECD/CLI) に見る先進国の景気回復 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/31833988

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい NHK 朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」の視聴率やいかに?:

« 2010年度概算要求の取りまとめ | トップページ | 経済協力開発機構の先行指標 (OECD/CLI) に見る先進国の景気回復 »