« 事業仕分けをどう見るか? | トップページ | 流行語大賞に見る今年の世相 »

2009年12月 1日 (火)

今日午後の日銀臨時金融政策決定会合の結果をどう見るか?

事業仕分けに対する私なりの見方に続いて、論評するのも気が引けるんですが、今日午後に開催された日銀の臨時金融政策決定会合の結果についても短くコメントしておきたいと思います。一言ではないんですが短く表現して、大きな失望とチョッピリの希望と評価しておきます。まず、事実関係から、会合で決定された金融政策は以下の通りです。

  • 政策金利は0.1%で据え置く。
  • 長期国債の買切りオペは月額1.8兆円で据え置く。
  • 国債、社債、CP などを担保として3か月間10兆円程度の資金供給を行う。

失望の方について、大学教員のエコノミストらしい例え話をすれば、ひどい結果の成績表(デフレ宣言)を突き付けられて、明日にも親(内閣)と相談することになった学生(日銀)が、その直前に急に1年遅れで宿題(金融緩和)に取り組もうとして、机に向かった(臨時金融政策決定会合を開催した)のはいいんですが、結局、ノートに落書き(不十分な内容)で終わってしまいます。学生(日銀)がノートの落書き(「広い意味の量的緩和」?)をもって宿題(ホントの金融緩和)をやったんだと称したので、なぜか、親(内閣)は高く評価するものの、教師(市場)からは落第(円高の進行)の結果をもらってしまいました。
この程度の金緩和策では、たとえ広い意味でも「量的緩和」と呼ぶのはどうかと思いますし、多くのエコノミストはデフレ脱却や円高反転どころか、デフレ圧力や円高進行の緩和さえも難しいと受け止めているんではないでしょうか。少なくとも私はそうです。明日の東証は失望売りになる可能性が高いような気もします。もっとも、たとえ短期でも株式市場の予測が難しいのは確かです。また、エコノミストや市場関係者だけでなく、いつもは政府に厳しく日銀に甘いメディアからも、典型的には、朝日新聞のサイトに見られるような論調が目立ちます。以下に引用します。

東京外国為替市場の円相場は、日本銀行が1日午後に新たな金融緩和策を発表後、再び1ドル=86円台に値上がりした。臨時の政策決定会合の開催を受け金融緩和が進むとの見方から一時、1ドル=87円53銭近辺まで円安が進んでいた。

チョッピリの希望の方は、何はともあれ、「政府からの独立」を盾に、頬かむりを決め込んでいた日銀もようやく重い腰を上げました。「ルビコン川を渡った」とまでは思いませんが、政府の顔色や市場の動向に応じて追加的な金融緩和策を次々と打ち出さざるを得ない状況に近くなったことは確かです。やや情けない状況の変化ではありますが、チョッピリの希望としておきます。

|

« 事業仕分けをどう見るか? | トップページ | 流行語大賞に見る今年の世相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/32448312

この記事へのトラックバック一覧です: 今日午後の日銀臨時金融政策決定会合の結果をどう見るか?:

« 事業仕分けをどう見るか? | トップページ | 流行語大賞に見る今年の世相 »