« 長崎が広島とのオリンピック共同開催を断念 | トップページ | 定額給付金の経済効果はどれくらいあったのか? »

2010年1月18日 (月)

テキサスバーガーを食し、日本の豊かさを実感する

マクドナルド Big America

今日は基本的にマクドナルドの提灯記事です。お気に召さない向きはパスして下さい。

昨日のランチタイム、経済学部ではなく文教地区にある本学の本部キャンパスの近くのマクドナルドに行き、先週金曜日から期間限定で全国発売が始まっているテキサスバーガーを試しました。ややお値段は高めながら、ボリュームがあり満腹感が楽しめます。なお、テキサスバーガーはマクドナルドの Big America キャンペーンの第1弾で、上の写真を引用したマクドナルドのサイトによれば、以下の第4弾までが予定されているようです。いうまでもありませんが、上の写真はこの並び順になっています。

  1. テキサスバーガー
  2. ニューヨークバーガー
  3. カリフォルニアバーガー
  4. ハワイアンバーガー

私は全部試してみたい気がします。一部店舗では1週間早く1月8日から販売されていたようですが、やっぱりというか、長崎では通常通りの1月15日からでした。それにしても、15年以上も前の1990年代前半ながら、私が大使館勤務をしていたチリの首都サンティアゴでは、赴任当時に2店舗しかなかったマクドナルドが私の帰国間際に大使館近くに3店舗目が出来て、ある意味で、チリの経済発展を目の当たりにした感慨がありましたが、私が「貧しい」と言い切った長崎ですら軽く10店舗以上ありそうなので、日本の豊かさというものを実感します。

何となく「海外生活の思い出の日記」に分類しておきます。

|

« 長崎が広島とのオリンピック共同開催を断念 | トップページ | 定額給付金の経済効果はどれくらいあったのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/33027766

この記事へのトラックバック一覧です: テキサスバーガーを食し、日本の豊かさを実感する:

« 長崎が広島とのオリンピック共同開催を断念 | トップページ | 定額給付金の経済効果はどれくらいあったのか? »