« IMF の Article IV Consultation に見る日本の財政再建やいかに? | トップページ | 国際労働機関 (ILO) の 「ASEAN 労働見通し」 »

2010年5月24日 (月)

大幅な打線の組換えの評価やいかに?

  HE
ロ ッ テ100000300 490
阪  神103000001x 5110

今夜の阪神打線は大幅にオーダーを組み換えました。マートン外野手をセンターからレフトに移して守備の負担を減らしつつ3番に据え、ブラゼル内野手を5番に上げて、鳥谷遊撃手を7番に下げました。新人の藤川俊外野手は、いかにもふさわしいセンター2番で起用されています。盗塁も決めました。1回ウラこそ不動の4番に座った新井選手が期待に応えてくれませんでしたが、3回は見事なツーランで逆転に成功したりしました。同点に追いつかれたものの、最後の最後に城島捕手の犠牲フライでサヨナラ勝ちでした。積極的な走塁も目立ちました。1回の平野選手こそ盗塁でアウトになりましたが、3回には藤川俊外野手と城島捕手までが盗塁を決め、9回のマートン外野手も含めて、いずれもホームに還って来ました。
投げる方は今やローテーションの軸ともいえる久保投手が先発でした。1回の立ち上がりこそヒット、バント、ヒットであっさりと先取点を献上し、一昨日の試合で東京ヤクルト相手に超大量20点を取った千葉ロッテ打線を相手に大きな不安を覚えたんですが、中盤はまずまず落ち着いた投球でした。でも、久保投手の投球と言うよりも監督のスイッチのミスで終盤につかまり同点に追いつかれます。ブラゼル内野手を早々に引っ込めたんですから、結果論ではありますが、7回から自慢のリリーフ陣にスイッチする手もあったような気もします。

新オーダーでも、
がんばれタイガース!

|

« IMF の Article IV Consultation に見る日本の財政再建やいかに? | トップページ | 国際労働機関 (ILO) の 「ASEAN 労働見通し」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/34855593

この記事へのトラックバック一覧です: 大幅な打線の組換えの評価やいかに?:

« IMF の Article IV Consultation に見る日本の財政再建やいかに? | トップページ | 国際労働機関 (ILO) の 「ASEAN 労働見通し」 »