« 単身赴任の良し悪しについて考える | トップページ | 今夏のボーナスは上がるのか? »

2010年5月 9日 (日)

ヨタヨタになりながら何とか広島に競り勝つ!

  HE
広  島000020010 370
阪  神01010020x 472

最初はテンポいい試合だったんですが、最後はハラハラドキドキの試合展開で、8回から藤川投手にイニングをまたいで登板させ、何とか広島相手に競り勝ちました。苦しい試合展開といえましょうが、これが今の阪神の実力なのかもしれません。
安藤投手の調子がサッパリ上がらず二軍落ち、加えて、能見投手がケガで戦列を離れて、ローテンション投手に不足するようになったとは言え、選手層の厚い我がタイガースですから、鶴投手がしっかりと試合を作り、広島の前田健投手と互角に投げ合いました。頼もしい限りです。残念ながら打線が振るわず、勝ち投手こそつきませんでしたが、立派な働きといえましょう。
まったく頼もしくないのは相変わらずの4番で、新旧の4番、すなわち、今の新井内野手と代打で出て来た金本選手です。精彩を欠くというのはこういうもんだという気がします。特に、金本選手は引退の2文字が近付いているように感じるのは私だけでしょうか。DH 制のある交流戦でも4番に戻すかどうかは微妙な判断でしょう。この2人に加えて、相変わらず守備で足を引っ張っているのが桜井外野手です。守備は目をつぶるので、もっと打ってくれないと勘定が合いません。守備のプレーが打棒に悪影響を及ぼしていたりするんでしょうか。打線を救ってくれたのが外国人選手の2人です。ブラゼル内野手が2ホーマー、マートン外野手が決勝の2点二塁打と、今年の外国人選手は打つ方は当たりの気がします。投げる方は疑問が残ります。

交流戦に入っても、
がんばれタイガース!

|

« 単身赴任の良し悪しについて考える | トップページ | 今夏のボーナスは上がるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/34608246

この記事へのトラックバック一覧です: ヨタヨタになりながら何とか広島に競り勝つ!:

« 単身赴任の良し悪しについて考える | トップページ | 今夏のボーナスは上がるのか? »