« 明日発表の日銀短観6月調査の予想やいかに? | トップページ | 大きく改善した日銀短観6月調査の結果から先行きを考える »

2010年6月30日 (水)

今夜はツボにはまらず中日に競り負ける!

  HE
中  日000100010 271
阪  神000100000 170

今夜はツボにはまりませんでした。すなわち、打線爆発で序盤の大量点がなく、僅差で終盤に入っての競合いでは、下位チームならあるいはと思わないでもありませんが、今の阪神打撃陣及び投手陣では巨人や中日には勝てる確率は低いと考えるべきです。
8回表は久保田投手がよく投げたというより、よく守って1点に抑えたといえますが、終盤の失点はたとえ1点でも致命傷になってしまいました。当然ながら、相手チームが抑えの好投手を繰り出して来るからです。シロートの私の考えですが、たとえクリンナップでも浅尾投手や岩瀬投手は打てそうな気がしませんでした。打つ方では、結果的には4番打者の差ということになります。投げる方では先発投手が7回まで1点に抑えても、繰返しになりますが、序盤の大量点がなければ、リリーフ陣がゼロに抑え切ることが出来ません。
最終回9回表の投手起用は興味深いものがありました。ルーキー藤原投手の連夜の登板で、昨夜は1番からの打順で出したんですが、今夜は6番打者1人でサッと交代させました。まさか、ワンポイントで使い続けるわけはないでしょうから、昨夜の反省があったのか、それとも偶然か、今後の活躍に期待します。もちろん、後を引き継いだ渡辺投手もキッチリと抑えてくれました。

明日は序盤で大量点目指して、
がんばれタイガース!

|

« 明日発表の日銀短観6月調査の予想やいかに? | トップページ | 大きく改善した日銀短観6月調査の結果から先行きを考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/35591892

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜はツボにはまらず中日に競り負ける!:

« 明日発表の日銀短観6月調査の予想やいかに? | トップページ | 大きく改善した日銀短観6月調査の結果から先行きを考える »