« 改定された政府経済見通しと消費税増税・財政再建の関係やいかに? | トップページ | ワールドカップに見る静学的期待 »

2010年6月22日 (火)

最後は代打桧山選手が長打で決めて広島に逆転勝ち!

 十一 HE
阪  神10112002006 13171
広  島00220300000 7111

いやあ、長い試合でした。私は前のエントリーを7時半過ぎに書き上げて、5-4で勝っていることを確認してから入浴し、8時半にお風呂から上がると、逆転されているじゃありませんか。ややムカッとしたんですが、8回表の代打関本選手のセンターオーバーの長打で追いついて、延長戦に入ってから、最後は11回表の攻撃で桜井外野手が歩かされた後に代打の切り札である桧山選手が長打で決めてくれました。その後のマートン外野手の満塁ホーマーはオマケのようなもんでしょう。比較するのは心苦しいんですが、金本選手は8回に代打で出てドン詰まりのサード・ファイルフライでしたから、やっぱり、桧山選手の方が頼り甲斐があると考えるのは私だけでしょうか?
10回ウラから藤川投手が登板していたんですが、11回表の攻撃で調子に乗って代打を送り、11回ウラのピッチャーは誰だろうかと思ったら、上園投手でした。まあ、6点差ありますから誰でもいいんでしょうが、残っていた投手の中でもっとも信頼感のある選手を出した、といったところでしょうか。野手の方もブラゼル内野手に守備固めも送れないほど選手を使い切ってしまった気がします。でも、巨人と中日が下位チームを相手に軽く勝ってますし、こういう試合を落とすとダメージが大きそうな気がしますから、選手をつぎ込んだ甲斐があったというものです。

明日はもう少しスッキリ勝つべく、
がんばれタイガース!

|

« 改定された政府経済見通しと消費税増税・財政再建の関係やいかに? | トップページ | ワールドカップに見る静学的期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/35422887

この記事へのトラックバック一覧です: 最後は代打桧山選手が長打で決めて広島に逆転勝ち!:

« 改定された政府経済見通しと消費税増税・財政再建の関係やいかに? | トップページ | ワールドカップに見る静学的期待 »