« ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で負けても前向きに考える南米気質 | トップページ | 米国雇用統計のグラフィックス »

2010年7月 2日 (金)

昨夜に続き終盤に怒涛の猛攻で巨人をねじ伏せる!

  HE
阪  神000000622 10173
読  売020200301 8112

6回まではチャンスがありながら残塁の山を築き、エース久保投手を立てながら、巨人のゴンザレス投手を打ち崩せず、4-0の消化不良気味の試合展開でしたが、昨夜と同じように終盤に怒涛の猛攻で巨人をねじ伏せました。7回の勝越しは関本選手の押出しフォアボールと地味な形でした。それにしても、関本選手の前に代打で登場した金本選手なんですが、あそこで外野フライも打てませんかね。衰えを感じます。7回ウラにワンポイントで藤原投手が登場した後の西村投手が打たれて逆転されたんですが、8回表に神様仏様ブラゼル様のバックスクリーンへのツーランで再逆転。東京ドームの狭さは何も関係ない当たりでした。8回ウラには久保田投手が登場し、小笠原選手とラミレス選手に大きな当たりを飛ばされましたが、こちらは東京ドームならではのフェンスぎりぎりの当たりと見受けました。9回表には鳥谷選手のツーランでダメを押しました。最後は藤川投手が長野選手にソロを打たれましたが、何とか逃げ切りました。見ている方は面白い試合でしたが、プレーしている方は大変なんだろうと感じてしまいました。

明日も勝って、3タテ目指して、
がんばれタイガース!

|

« ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で負けても前向きに考える南米気質 | トップページ | 米国雇用統計のグラフィックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/35615217

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜に続き終盤に怒涛の猛攻で巨人をねじ伏せる!:

« ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で負けても前向きに考える南米気質 | トップページ | 米国雇用統計のグラフィックス »