« アジア開発銀行の経済見通しをどう見るか? | トップページ | 経済学のオカルトについてツラツラ考える »

2010年7月20日 (火)

不振だった若大将の逆転サヨナラで広島に競り勝つ!

  HE
広  島0000101002 490
阪  神0002000003x 5101

今夜はいろいろあった後、8時半になってようやく帰宅したら、何と、同点に追いつかれているではありませんか。とうとう9回表には藤川投手までつぎ込んだことを確認したりして、洗濯物を取り込みながら、チラチラと野球をチェックします。4試合連続で完封負けを喫した広島打線にお付き合いするかのような低調な打線でしたが、最後の最後にクライマックスが控えていました。
まあ、9回の藤川投手投入は、そのウラの攻撃で4番新井内野手から始まる打順を考え、9回で決着をつける、延長戦にはしない、という指揮官の強い意志の表れでだったんですが、結果的には、重量打線がそれに応えられませんでした。ブラゼル内野手に代走を出しながら、結局、延長戦に入ります。そして、運命の10回に安藤投手がつかまり2点を献上します。この時点では、3番打者にスクイズのサインまで出した広島の指揮官の執念に負けたともいえます。
しかし、今年の阪神はこれで終わりません。10回ウラに代打林選手のホームランが出て1点差に詰め寄った後、息もつかせず関本選手のヒット、代走大和選手を出して、最後は若大将鳥谷遊撃手の逆転サヨナラのホームランで試合をひっくり返してしまいました。早大時代に慣れ親しんだ神宮ではノーヒットだったんですが、昨夜の試合の最後の打席でようやく1本出て、今夜は逆転サヨナラのヒーローです。明日も、そして後半戦も阪神重量打線の切り込み隊長として大いに期待が高まります。

明日は3タテ目指して、
がんばれタイガース!

|

« アジア開発銀行の経済見通しをどう見るか? | トップページ | 経済学のオカルトについてツラツラ考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/35826497

この記事へのトラックバック一覧です: 不振だった若大将の逆転サヨナラで広島に競り勝つ!:

« アジア開発銀行の経済見通しをどう見るか? | トップページ | 経済学のオカルトについてツラツラ考える »