« 景気動向指数もいよいよ鈍化の兆し | トップページ | 国際決済銀行 (BIS) の「年次報告」 BIS Annual Report 2009/10 をどう読むか? »

2010年7月 6日 (火)

スタンリッジ投手、まさかの完投でヤクルトに快勝!

  HE
ヤクルト000000001 1100
阪  神10010040x 6131

今日も、前のブログを書いてから長々と入浴したため、野球のフォローが遅れて8時半から注目すると、すでに、7回の猛攻を終えて試合は6-0と一方的になっていました。スコアを見る限り、打つ方はまんべんなくみんなが打っているという形で、誰かのホームランでドカンと点を入れたという感じはありません。特に、7回ウラは4番の新井内野手のツーベース以外は単打をつなげて、効果的に加点した印象です。投げる方は先発のスタンリッジ投手が交代した様子はありません。
後の興味は、打つ方では、金本選手の代打なんですが、8回ウラに勝負に関係ない場面で出番があり、すかさずヒットをかっ飛ばしていました。投げる方では、スタンリッジ投手がどこまで投げるかだったんですが、8回ウラに打席に立ちましたから、当然、9回も続投という采配です。点差はあるし、このピッチャーの限界を試すのも面白いと感じていました。ランナーを出しつつも要所を締めたというのか、9回に失点して完封こそ逃したものの、とうとう完投してしまいました。うがった見方をすれば、一昨日のノックアウトで2軍に落されたフォッサム投手を見て奮起したのかもしれませんし、もともと実力があったのかもしれません。特に、デイリーのサイトだったと思うんですが、「夜の帝王」なんて、昼間の職業の私なんかからすれば、ドキッとするような表現がありましたが、スタンリッジ投手はナイターには強いようです。
スコアを見てやや気にかかるのは、東京ヤクルトの4番打者の外国人選手が、1回表の攻撃でデッドボールを受けて、いきなり交代していることなんですが、その場を見ていない私には何のことか分かりません。交流戦のロッテとの試合だったと記憶しているんですが、ブラゼル内野手がいきなりピッチャー強襲ヒットを打ってノックアウトしたのを思い出します。いずれにせよ、大事に至らないことを祈念します。

神宮球場で1勝2敗の負越しの借りを返すべく、明日も、
がんばれタイガース!

|

« 景気動向指数もいよいよ鈍化の兆し | トップページ | 国際決済銀行 (BIS) の「年次報告」 BIS Annual Report 2009/10 をどう読むか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/35660571

この記事へのトラックバック一覧です: スタンリッジ投手、まさかの完投でヤクルトに快勝!:

« 景気動向指数もいよいよ鈍化の兆し | トップページ | 国際決済銀行 (BIS) の「年次報告」 BIS Annual Report 2009/10 をどう読むか? »