« ダイナマイト打線がスカ続きの取りこぼしで優勝戦線から脱落か? | トップページ | 不合理な采配と自らのレガシーコストで真弓阪神は首位戦線から脱落! »

2010年9月15日 (水)

6年半振りの為替介入はどこまで効果があるか?

昨日の民主党代表選挙の結果を受けて、「菅代表なら円高」との事前の予想通り、でもないんでしょうが、対ドルの名目為替レートが82円台に突入しました。このため、本日午前中から政府は円売りドル買いの為替介入に踏み切りました。もちろん、実行したのは日銀です。日本時間の夕刻になって、欧州市場でも断続的に介入を続けているように報じられています。まず、日経新聞のサイトから第1報を報じる記事を引用すると以下の通りです。

政府・日銀が円売り介入実施 6年半ぶり
財務省・日銀は15日の東京外国為替市場で円売り・ドル買い介入を実施した。市場介入は2004年3月16日以来およそ6年半ぶり。米国の金融緩和観測を背景にドルの先安観が強まり、円は10時30分前に1ドル=82円87銭近辺と、1995年5月31日以来、約15年3カ月ぶりの高値を付けていた。一段の円高を阻止する目的で介入に踏み切ったとみられる。
野田佳彦財務相は10時50分から記者会見し、円売り介入を実施したことを認めた。
円売り介入は10時35分に82円台後半から実施されたもよう。介入を受けて円は下げに転じ、一時84円18銭前後と、14日の17時時点と比べて97銭の円安・ドル高水準を付けた。
円高の進行は輸出企業の業績悪化につながりやすく、景気のマイナス要因になるほか、輸入物価の下落を通じてデフレの一因とされる。このため政府・日銀には早急な円高対策が求められていた。

繰返しになりますが、民主党代表選挙の事前のウワサでは、極めて大雑把に比較対照すると、円高や景気への対策に積極的な小沢氏に対して、菅総理・民主党代表はすでに9月10日に「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」を決定・発表した直後でもあることから、追加的な対策にはやや慎重であり、むしろ、財政再建路線に相対的に近い、と見られていただけに、株安・円高・債券高の流れが市場の底流にあり、ジワジワと円が買われたという見方も出来ます。もっとも、私は現時点でマーケットの詳しい情報を知りませんので、何とも言えません。10時半過ぎの為替介入により円ドル相場はすぐに84円に乗り、その後85円も越えて、株価は東証の日経平均が前場の引け直前に9400円を突破し、終り値では9500円を超えました。下のグラフは日経新聞のサイトから今日の日経平均株価と円ドルレートのグラフを引用しています。誠に申し訳ありませんが、横軸の時間がズレています。

日経平均株価と円ドル相場

今さら言うまでもありませんが、為替相場の均衡点に歪みをもたらすために市場に介入するのは、かなり直接的かつ激烈な政策手段であり、少なくとも短期には効果が大きいものの、サステイナビリティはありません。メディアは判で押したように「効果は一時的」とか、「円高反転には力不足」と報じていましたが、当たり前です。もしも、為替相場がランダム・ウォークに従うのであれば、理論的にはショックは永続的ですが、プラクティカルに、為替介入が永続的な効果を示すとは誰も考えていません。基本的には、スムージング・オペレーションの一種であり、大幅な円安に誘導するものではない、と考えるべきです。
為替介入という直接的に市場の需給に手を突っ込む政策を含めて、短期的には通貨の需給で為替は決まります。したがって、円高の進行とは、外貨に比較して相対的に円の供給、すなわち、我が国のマネーサプライが過小であると考えるべきです。特に、少し前まで当座預金残高と為替には一定の相関が見られた時期があります。今年年央からこの関係は崩れましたが、注目すべきは日銀が臨時のの政策委員会・金融政策決定会合を開催した8月30日の少し前から、急激に当座預金残高が減少を見せていることです。この当座預金残高の減少ともに、円ドル為替がジワジワと円高に進んでいるのが見て取れます。

当座預金残高と為替レート

いずれにせよ、無限に為替介入を続けるわけには行きませんが、為替に対する政府の姿勢を市場に明らかに示すことが出来たことは確かです。この先、為替介入結果を不胎化するのか、それとも、2003-04年時の為替介入のように非不胎化するのか、がひとつの論点になる可能性を指摘しておきたいと思います。

|

« ダイナマイト打線がスカ続きの取りこぼしで優勝戦線から脱落か? | トップページ | 不合理な采配と自らのレガシーコストで真弓阪神は首位戦線から脱落! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/36758750

この記事へのトラックバック一覧です: 6年半振りの為替介入はどこまで効果があるか?:

« ダイナマイト打線がスカ続きの取りこぼしで優勝戦線から脱落か? | トップページ | 不合理な采配と自らのレガシーコストで真弓阪神は首位戦線から脱落! »