« マグナム・フォト写真展「50の情熱」に感激する | トップページ | 内閣改造後の内閣支持率と内外メディアの反応の取りまとめ »

2011年1月16日 (日)

渡辺貞夫「My Dear Life 50th Annversary Collection」を聞く

渡辺貞夫「My Dear Life 50th Annversary Collection」

なぜか、今ごろになって渡辺貞夫さんの「My Dear Life 50th Annversary Collection」を聞いています。2001年に発売になっています。我が家は一家そろってジャカルタ暮らしの真っ最中で、恥ずかしながら、すっかり見逃していて全く知りませんでした。昨日の写真展も「50」という数字が入っていたんですが、このCDの50周年とはFM放送の My Dear Life の放送50周年かと、一瞬、思ってしまいました。でもそうではなく、渡辺さんの音楽生活50周年だそうです。起点はよく分かりません。
FM放送の My Dear Life について、思い起こせば、1970年代の中学・高校生のころから聞き始めて、ついつい音楽はジャズに傾き出した気がします。当時は京都でしたのでFM大阪でした。FM放送の番組表を取りまとめた週刊誌があったりしたことを記憶しています。音楽については、私自身はノンジャンルで何でも聞くんですが、中心に据えているのはジャズだったりします。私の音楽生活に最も大きな影響を与えた音楽放送だったかもしれません。
このCDでは新録は4曲だけです。ですから、多くが以前の曲を集めただけなんですが、それなりに楽しめます。渡辺さんはアルト・サックスだけでなく、当然コルトレーンの影響ですが、ソプラニーノやフルートも吹くんですが、やっぱり、アルトが一番いいです。下の動画は、渡辺さんの曲の中でも特に流行った「カリフォルニア・シャワー」です。


|

« マグナム・フォト写真展「50の情熱」に感激する | トップページ | 内閣改造後の内閣支持率と内外メディアの反応の取りまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/38486715

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺貞夫「My Dear Life 50th Annversary Collection」を聞く:

« マグナム・フォト写真展「50の情熱」に感激する | トップページ | 内閣改造後の内閣支持率と内外メディアの反応の取りまとめ »