« スターバックスのロゴ変更からサンティアゴのカフェを思い出す | トップページ | 齋藤智裕『KAGEROU』(ポプラ社) を読む »

2011年1月 8日 (土)

米国雇用統計をどのように受け止めるべきか?

昨夜、米国の労働省から12月の米国雇用統計が発表されました。ヘッドラインとなる非農業雇用者数の増減は季節調整済みの前月比で+10.3万人増、うち民間部門は+11.3万人増、すなわち、政府部門が減少しているわけです。そして、これも季節調整済みの失業率は9.4%と前月の9.8%から大きく低下したように見えます。まず、New York Times のサイトから記事を最初の4パラだけ引用すると以下の通りです。オバマ大統領の再選と絡めて報じています。

Jobs Report Signals a Long Haul for a Recovery
The year 2010 ended on a disappointing note, as the economy added just 103,000 jobs in December, suggesting that economic deliverance will not arrive with a great pop in employment.
Signs still point to a long slog of a recovery, with the unemployment rate likely to remain above 8 percent - it sits at 9.4 percent after Friday’s report - at least through the rest of the president’s four-year term.
President Obama is not unaware of the political dangers posed by high unemployment. On Friday he appointed a new head of his National Economic Council, Gene Sperling, to replace the departing Lawrence H. Summers.
The latest report was also a let-down for some within the White House, as recent economic data had suggested that the recovery would gain speed going into 2011. The political stakes are high, as Democrats and Republicans wrestle over who should take credit for the progress of the jobs market, or the blame for its failure to ignite.

次に、いつものグラフは以下の通りです。上のパネルは非農業部門雇用者数の前月比増減、赤の折れ線グラフが政府部門を含む全体で、水色は民間部門だけです。下のパネルの緑色の折れ線グラフは失業率です。いずれも季節調整済みの系列であり、影をつけた部分は景気後退期です。

米国雇用統計の推移

非農業部門雇用者数の10万人余の増加は市場の事前コンセンサスをかなり下回りました。この雇用統計の数字はかなり弱いと受け止めるべきです。それに、失業率が11月の9.8%から12月の9.4%に大きく下げたのは、就業を諦めた結果であると解釈されています。特に、女性と若年者が労働市場から退出しており、12月単月の結果ではなく、ここ3年間で女性の労働人口比率は62.7%から58.3%に低下しており、20-24歳についても67.1%から60.1%へ大きく低下しています。雇用の改善のペースが余りに遅い結果です。日本だけでなく、いずこも同じ jobless recovery です。
例えば、昨年12月14日に開催された米国連邦準備制度理事会 (FED) の公開市場委員会 (FOMC) の議事録が今週の1月4日に公表されましたが、"Members noted that, while incoming information over the intermeeting period had increased their confidence in the economic recovery, progress toward the Committee's dual objectives of maximum employment and price stability was disappointingly slow." という表現が見えます。さらに、昨日、バーナンキ FED 議長も米国議会上院予算委員会での証言の中で、"At this rate of improvement, it could take four to five more years for the job market to normalize fully." と雇用の回復には4-5年かかると見込んでいます。

Fitful Ricovery

最後に、上の画像は Wall Street Journal のサイトから引用した画像です。主要な産業別の雇用者の増減を示しています。

|

« スターバックスのロゴ変更からサンティアゴのカフェを思い出す | トップページ | 齋藤智裕『KAGEROU』(ポプラ社) を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/38386512

この記事へのトラックバック一覧です: 米国雇用統計をどのように受け止めるべきか?:

« スターバックスのロゴ変更からサンティアゴのカフェを思い出す | トップページ | 齋藤智裕『KAGEROU』(ポプラ社) を読む »