« 東京ヤクルトが勝手にコケて甲子園で連勝し5割に戻す! | トップページ | 毎月勤労統計調査に見る3月の労働市場ほか »

2011年5月 1日 (日)

一家そろって名探偵コナンの劇場版映画「沈黙の15分」を見に行く

「名探偵コナン 沈黙の15分」ポスター

今日は午後から一家そろって、名探偵コナンの劇場版映画「沈黙の15分」を見に行きました。副題は「ラスト15分、予測不能!」となっています。今回の舞台は冬、雪山です。かなりアクションの多い作りになっています。「名探偵コナン」の劇場版映画の第15作目です。もちろん、ゴールデンウィークの家族サービスですが、そろそろ家族サービスなんかは不要になりそうな年齢に子供達が差しかかっているような気がしないでもありません。
映画は都知事に脅迫状が届き、新しい地下鉄トンネルが爆破されるところから始まります。この爆発はコナンが高速道路をスケボーで逆走して警視庁に知らせてケガ人は出ませんでしたが、都知事の国土交通省時代のダム建設に起因する可能性が示唆され、新潟県のダム建設で水没した村での移設5周年記念フェスティバルにコナンらが乗り込みます。8年振りに村出身の5人の幼馴染みが再会したものの、8年前の交通事故が影を落とし、同じ日に崖から転落して意識を失い8年間にわたって意識が戻らなかった子供が目を覚ます一方で、5人の幼馴染みの1人が死体で発見されます。今回の映画が以前と違うのは、最後の最後に真相に迫るのではなく、真相に近いラインには終了から少し余裕のある時点で達して、その後、実は真相はコナンの推理と少し違っていたりしたんですが、事実がかなり明らかになった後で、ものすごいアクションであり得ないくらいに危険なスケボーとスノボーのテクニックを駆使してコナンが破滅的な事態を食い止めるところです。どうしようもなく、子供向けの映画でしかないんですが、それはそれなりに楽しめます。ゴールデンウィークの映画については、我が家の子供達は「クレヨンしんちゃん」を卒業して「名探偵コナン」に乗り換えたんですが、程なくこれも卒業しそうな気がします。

映画を見終えた後、エコポイントでせしめた図書カードを持って書店に行き、子供達とともに本を買いまくりました。私は狙いを定めて欲しい本をアマゾンなんかで注文するのはやや苦手で、ベストセラーなんかが分かりやすく平積みになっている大きな書店で、本屋さんでの売られ方にも注意しながら買うのが好きです。やっぱり、東京の大きな書店で本を選ぶのはいいなあと感じてしまいました。

|

« 東京ヤクルトが勝手にコケて甲子園で連勝し5割に戻す! | トップページ | 毎月勤労統計調査に見る3月の労働市場ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/39823335

この記事へのトラックバック一覧です: 一家そろって名探偵コナンの劇場版映画「沈黙の15分」を見に行く:

« 東京ヤクルトが勝手にコケて甲子園で連勝し5割に戻す! | トップページ | 毎月勤労統計調査に見る3月の労働市場ほか »