« 「世界報道写真展2011」を見に東京都写真美術館に行く | トップページ | 9回の猛反撃も及ばず - やっぱり3つ勝つのは難しい »

2011年6月25日 (土)

久々のブラゼル選手のホームランといつもの鉄壁のリリーフ陣で巨人に連勝!

  HE
読  売100001000 272
阪  神01011010x 4100

昨日に続いて今日も、相手のミスも利用しつつ、そこそこ打って点を入れ、投手陣、特にリリーフ陣が踏ん張っての勝利で、交流戦明けのペナントレースに戻って甲子園で巨人相手に連勝です。今日に限っては、先発のメッセンジャー投手は6回途中で2失点ですから、投げる方はもちろん合格点で、打つ方でも同点打が高く評価されて、十分な合格点です。もちろん、メッセンジャー投手以外でも、久し振りにブラゼル内野手のホームランが見られましたし、鳥谷遊撃手はタイムリー以外にも鋭い当たりを飛ばしていました。私がブラゼル選手のヒーロー・インタビューを見たのは今シーズン初めてかもしれません。
それから、相手の守備の乱れにつけ込んで点をとれるのは調子のいい証拠ではないでしょうか。投げる方はもともと安定していましたし、後は先発陣の頭数だけです。オールスター前には9連戦があるそうですから、どのようにローテーションを組むかでベンチの考えどころです。それにしても、先発陣が崩壊する前に打てるようになって、ここに来てチーム全体の調子が上がりました。開幕以来の先発投手陣は大したものです。
6月の段階で順位はそれほど意味はないんでしょうが、当面の敵であるジャイアンツをかわしてAクラスに上がったのは気分いいもんです。

明日は3タテ目指して、
がんばれタイガース!

|

« 「世界報道写真展2011」を見に東京都写真美術館に行く | トップページ | 9回の猛反撃も及ばず - やっぱり3つ勝つのは難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/40545104

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のブラゼル選手のホームランといつもの鉄壁のリリーフ陣で巨人に連勝!:

« 「世界報道写真展2011」を見に東京都写真美術館に行く | トップページ | 9回の猛反撃も及ばず - やっぱり3つ勝つのは難しい »