« 持ち直しつつある雇用と消費を経済指標から確認する | トップページ | 鉱工業生産と給与にやや弱めのサプライズ »

2011年8月30日 (火)

3番の先制タイムリーと4番のラッキーな勝越しタイムリーで中日に先勝!

  HE
阪  神100001130 681
中  日010000020 352

5回まではどちらに転んでもおかしくない展開で、ロースコアの競った試合を予想させましたが、6回表の新井選手のラッキーな勝越しタイムリーから、大きく流れが阪神に傾きました。特に、8回は中日の内野手にエラーが出たり、新井内野手を歩かせてマートン外野手と勝負したりと、中日が勝手にコケた印象で、阪神の完勝に終わりました。8安打で6得点は効率がいいといえます。それにしても、どういうデータでもって、新井選手を歩かせてマートン選手と勝負なんでしょうか、私にはこの作戦はまったく理解できませんでした。阪神の懸念材料は8回を投げた榎田投手です。点差が空いて緊張感を保てなかったりとか、大和内野手のエラーがあったりとかいうものの、やはり登板過多で調子を落としている可能性も否定できないように私は受け止めています。クローザーの藤川投手も9回はヒヤヒヤだったものの、これだけ経験を積んだ選手になれば自分で調整出来るでしょうが、榎田投手は何てったってルーキーです。プロで1年を過ごしたことのない投手なんですから、ベンチで起用方法を工夫すべきです。

明日は能見投手で、
がんばれタイガース!

|

« 持ち直しつつある雇用と消費を経済指標から確認する | トップページ | 鉱工業生産と給与にやや弱めのサプライズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/41424553

この記事へのトラックバック一覧です: 3番の先制タイムリーと4番のラッキーな勝越しタイムリーで中日に先勝!:

« 持ち直しつつある雇用と消費を経済指標から確認する | トップページ | 鉱工業生産と給与にやや弱めのサプライズ »