« 内高外低の機械受注と基準改定で大幅に上昇率を低下させる消費者物価 | トップページ | 2011年4-6月期1次QEは3四半期連続のマイナス成長か? »

2011年8月12日 (金)

わずか4安打ながら4番のホームランと右のエースの快投で首位ヤクルトに先勝!

  HE
阪  神004000000 441
ヤクルト000000100 161

またまた首位攻防戦で東京ヤクルトを倒し、再び貯金生活に入るとともに首位に4ゲーム差まで詰め寄りました。投手陣は先発の久保投手がホームランこそ打たれたものの、先発投手として立派にゲームを作り、セットアッパーの小林投手とクローザーの藤川投手は完璧でした。余裕のある完璧さだった気がします。打つ方は、3回のワンチャンスで新井三塁手のスリーランで試合を決めました。ただし、その後は、5回以降はランナーも出せずに終わったのは、明日以降に宿題が残った気がします。しかし、見ていて余裕ある試合運びでしたから、選手の方でもナゴヤドームから神宮に来て気が抜けたのかもしれません。私もナゴヤドームの3試合はほとんどフォローできませんでしたので、明日からもがんばって応援します。

明日も、
がんばれタイガース!

|

« 内高外低の機械受注と基準改定で大幅に上昇率を低下させる消費者物価 | トップページ | 2011年4-6月期1次QEは3四半期連続のマイナス成長か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/41185375

この記事へのトラックバック一覧です: わずか4安打ながら4番のホームランと右のエースの快投で首位ヤクルトに先勝!:

« 内高外低の機械受注と基準改定で大幅に上昇率を低下させる消費者物価 | トップページ | 2011年4-6月期1次QEは3四半期連続のマイナス成長か? »