« 企業向け物価はこれからも上昇するのか? | トップページ | 内高外低の機械受注と基準改定で大幅に上昇率を低下させる消費者物価 »

2011年8月11日 (木)

一家そろって「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2」を見に行く

「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2」ポスター

今日は私が仕事を休んで一家そろって、「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2」を見に行きました。平日にもかかわらず、ほぼ満席で人気のほどが理解できました。私のお気に入りのいくつかのシーンや初出の人物などが、ほぼ私の想像通りに映像化されていて感激しました。アバーフォースはあんな感じだろうし、マクゴナガル先生が廊下の像と甲冑にホグワーツを守るべしと叫ぶ部分、モリー・ウィーズリーが娘のジニーたちに代わってベアトリス・レストレンジと対決するシーンなどです。しかし、パーシー・ウィーズリーが家族の下に戻って来るシーンは割愛されていました。大部な原作から映画化するんですから、カットされた部分は少なくないわけです。
我が家は 3D の吹替え版で見ました。私は普通の近視用のメガネの上からゴーグルのように 3D メガネをかけました。私が調べた限り、青山から近い映画館においては 2D の上映はすべて字幕版で、2D 吹替え版はなかったように思います。逆に、3D の字幕版はありました。3D だと映像に迫力は出ますが、少し色彩が犠牲になっている気がしないでもありませんでした。もっとも、2D と見比べているわけではありませんので詳細は不明です。ただし、我が家の一致した意見として、3D メガネのレンタル代100円を含めて差額の500円はやや高いという気がします。今回の場合、日本語吹替え版が 3D とセットになっていましたので、吹替え版を選択するのであれば止むなく 3D になったという経緯がありますが、差額料金を考慮すれば、2D 吹替え版が我が家にはベストだった可能性があります。

何にしても話題の映画で、しかもシリーズの最終作です。この夏の映画は、いつもの「ポケモン」やジブリの「コクリコ坂から」などとともに、「仮面ライダー」、「こち亀」、「トランスフォーマー」、「カーズ」などなど、話題作が満載なんですが、「ハリー・ポッター」のファンならぜひとも押さえておきたいところです。

|

« 企業向け物価はこれからも上昇するのか? | トップページ | 内高外低の機械受注と基準改定で大幅に上昇率を低下させる消費者物価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/41171215

この記事へのトラックバック一覧です: 一家そろって「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2」を見に行く:

« 企業向け物価はこれからも上昇するのか? | トップページ | 内高外低の機械受注と基準改定で大幅に上昇率を低下させる消費者物価 »