« 年末最後の政府統計の発表に何を読み取るか? | トップページ | よしもとばなな『スウィート・ヒアアフター』(幻冬舎) を読む »

2011年12月29日 (木)

下の子と東京証券取引所の見学に行く

昨日の御用納めを経て、今日から私のような公務員は年末年始休みに入った人も多いだろうと思います。ということで、今日、私は下の子と東京証券取引所の見学に行きました。昨年はおにいちゃんと大納会の見学に行ったんですが、今年は中学生向けの大納会の見学はないとのことで、モノポリーのようなボードゲーム大会に参加して来ました。最初に取引所を見学した後、5卓に分かれてボードゲームです。軽く想像されるように、株価の変動を織り込んだゲームで、何らかのニュースに応じて、例えば、円高が進んだとか、政府の経済対策で減税が実施される、とかのニュースで株価がどう動くかを予測して、200万円を元手に株式を売買して、10回のイベントに関するニュースを経て、一番もうけたプレーヤーが勝つ、というものです。我が家の下の子は200万円を元手に910万円まで増やし、4番テーブルでトップになりましたが、すべてのテーブルを通じてのトップの子は1300万円でしたから驚きです。なかなか楽しい午後のひと時でした。
下の写真は2枚とも下の子なんですが、上から順に、見学中に東証のマーケットセンターの前にてと、ボードゲームのプレー中の写真です。

東証マーケットセンター前の下の子

東証でボードゲーム中の下の子

|

« 年末最後の政府統計の発表に何を読み取るか? | トップページ | よしもとばなな『スウィート・ヒアアフター』(幻冬舎) を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/43552224

この記事へのトラックバック一覧です: 下の子と東京証券取引所の見学に行く:

« 年末最後の政府統計の発表に何を読み取るか? | トップページ | よしもとばなな『スウィート・ヒアアフター』(幻冬舎) を読む »