« 地震の時は帰宅すべきか、オフィスかどこかにとどまるべきか? | トップページ | ブロードウェイバーガーを食す! »

2012年3月 4日 (日)

ハクエイ・キム Break the Ice を聞く

キム・ハクエイ Break the Ice

ハクエイ・キムの Break the Ice を聞きました。このアルバムはいくつかのバージョンが出ているんですが、私が聞いたのは上のジャケットの通常版です。DVD付きの限定版はアルバム・ジャケットがもう少し正面を向いていたりします。限定版ではなく、通常版ですから、ボーナス・トラックがケチられていたりして、My Foolish Heart は入っていません。すなわち、収録されている曲目は以下の通りです。

  1. Give Us the Sun [Improvisation]
  2. The Icebreaker 1
  3. Winter Festival
  4. Autumn Leaves
  5. Under the Bridge
  6. Mike Nock
  7. Alfie
  8. The Icebreaker 2
  9. Tokyo Traffic
  10. Lost in Newtown
  11. Don't Cry for Me Argentina
  12. The Ice Broken
  13. When You Wish Upon a Star

まず、このアルバムはソロ・ピアノです。私のこのブログでも、それなりに注目していて、ピアノ・トリオで Trisonique を結成し、同名のアルバムを出して、その他の Take Five を収録しているピアノ・トリオのアルバムと併せて、昨年9月4日付けのエントリーで取り上げています。しかし、このアルバムはソロで、このアルバムの後もソロ・コンサートの模様をDVDで出したりしています。残念ながら、私はDVDは見ていません。
傾聴すべきは、アルバムの最初からキース・ジャレットばりのソロ・ピアノで、かなり自由にインプロビゼーションを展開していることです。特に、The Icebreaker の1と2は特徴的です。4曲目と5曲目になって、すべてがキース・ジャレット調ではないと気づかされます。キムはかなり透明な音を出すピアニストなので、ソロは適しているような気もしました。ジャケットがそうだからというわけでもないんでしょうが、リリカルな曲も少なくないものの、全体として、かなり「男っぽい」アルバムに仕上がっています。オススメです。

名前から明らかなように、韓国人の父と日韓ハーフの母を持つピアニストと聞き及んでいます。まったく私は同意しませんが、ブームに乗じて「韓流ジャズの貴公子」なんてうたい文句を見かけました。私はキムのピアノから「韓流」という言葉はまったく思い付きもしません。日本で生まれ育った最近のピアニストとしては、上原ひろみや山中千尋とともに、世界に通用する実力を備えたピアニストです。

|

« 地震の時は帰宅すべきか、オフィスかどこかにとどまるべきか? | トップページ | ブロードウェイバーガーを食す! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/44360276

この記事へのトラックバック一覧です: ハクエイ・キム Break the Ice を聞く:

« 地震の時は帰宅すべきか、オフィスかどこかにとどまるべきか? | トップページ | ブロードウェイバーガーを食す! »