« アジア開発銀行の「アジア開発見通し」 Asian Development Outlook | トップページ | 国際通貨基金 (IMF) の「世界経済見通し」 World Economic Outlook 分析編を読む »

2012年4月12日 (木)

最後はヒヤヒヤも、安藤投手がノーヒッター前田健投手と互角の投合いで広島と引分け!

  HE
阪  神0000001000 171
広  島0100000000 171

最後の10回ウラは満塁まで広島に攻め立てられて、ヒヤヒヤものでしたが、何とか藤川投手が抑えて引分けでした。東京ヤクルト戦で復活なった安藤投手が、ノーヒット・ノーランの前田健投手と互角に投げ合って、リリーフ陣も何とか抑えました。問題は打つ方なんですが、前田健投手相手ですから、冴えない当たりの桧山選手の同点打で追いついたのでよしとしましょう。

中日戦も、
がんばれタイガース!

|

« アジア開発銀行の「アジア開発見通し」 Asian Development Outlook | トップページ | 国際通貨基金 (IMF) の「世界経済見通し」 World Economic Outlook 分析編を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/44858073

この記事へのトラックバック一覧です: 最後はヒヤヒヤも、安藤投手がノーヒッター前田健投手と互角の投合いで広島と引分け!:

» 安藤が粘り桧山のタイムリーで追い着く [虎虎虎]
[画像] 広島1−1阪神 阪 神00000001000=0 広 島01000000000=1 通算=6勝2敗3分 対広島3回戦(阪神2勝0敗1分) 【投手】 阪神=安藤−筒井−渡辺−榎田−藤川 広島=前健−江草−ニコライオ−サファテ 【本塁打】 阪神= 広島= 阪神先発は安藤、広島は前健。 2回裏、安藤は2死2塁から堂林に先制のタイムリー。 7回裏、阪神は2死からマートン金本が安打で1・2塁。 ここで代打桧山がラッキーなポテンヒットで同点に追い着く。 7回裏、阪神は2番手に筒井... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時02分

» 〔阪神タイガース〕キャッチャー岡崎では最終回・球児の相手は務まらない [しっとう?岩田亜矢那]
延長10回裏の球児は、 昨日の3連続奪三振と比べても決して調子が悪かったとは思えない。 いやむしろ球は走っていた。 スピードガンの数字は信頼できないけど ストレートは150kmオーバーを連発してた。 とても3本もヒットを打たれるような様子ではない。 あっさ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時03分

» 安藤が粘り桧山のタイムリーで追い着く [虎虎虎「ミラー版」]
    広島1-1阪神阪 神00000001000=0広 島0100000000 [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時03分

» 〔阪神タイガース〕キャッチャー岡崎では最終回・球児の相手は務まらない [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
延長10回裏の球児は、 昨日の3連続奪三振と比べても決して調子が悪かったとは思えない。 いやむしろ球は走っていた。 スピードガンの数字は信頼できないけど ストレートは150kmオーバーを連発してた。 とても3本もヒットを打たれるような様子ではない。 あっさり... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時03分

» 阪神、ヒヤヒヤ引き分け! [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
前田健太vs安藤。 相手は前回ノーヒットノーランをやらかした男。 何とか先取点が欲しかったけど‥‥。 阪 神|000|000|100|0|1 広 島|100|000|000|0|1 7回表、代打桧山が前健からヒットを打って同点!さすがや!! 同点のまま延長戦へ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時03分

» 桧山、マエケンから適時打で虎執念のドロー [My虎春 HappyLife!]
 (セ・リーグ、広島1−1阪神=延長十回規定により引き分け、3回戦、阪神2勝1分、12日、マツダ)代打の神様・桧山が、広島のノーヒッター・前田健から執念の同点適時打を放ち、引き分けに持ち込んだ。  ノーヒッターの絶対エース。前田健は、いま最も打ちにくい投手だろう。超難敵が相手だが、和田監督は泰然自若で構える。自軍の選手を信頼し、接戦で戦うイメージを持っている。  「(前田健に)別に嫌なイメージもない。前回そういうピッチングをしているから、まず早めに1本ヒット出して1点取って、そこ... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時04分

» トラ、またまた引き分け、負けなかって良かった・・・・ [徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”]
1対1の引き分けに終わりました。今年は11試合で早くも3引き分けとなり、この原因は何なんでしょうか?ホームランは出るが、やはり打てなさすぎるのだろうか?今日も7安打で連打は7回のマートン、金本、代打の桧山で1点を取った時だけでした。 先発は、安藤。  ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時33分

» 最後延長10回裏、球児にはヒヤヒヤさせられたものの…マエケン相手にドローは儲けもの! [勇皇の気炎万笑~野球と虎道楽~]
△阪神1-1広島△/マツダスタジアム ノーヒットノーラン男・マエケン相手に 延長10回、価値あるドロー! (^^)bGood! しっかし… 最後、10回裏 球児の19球には冷や冷やさせられた...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時33分

» 最後延長10回裏、球児にはヒヤヒヤさせられたものの…マエケン相手にドローは儲けもの! [勇皇の気炎万笑~野球と虎道楽~]
△阪神1-1広島△/マツダスタジアム ノーヒットノーラン男・マエケン相手に 延長10回、価値あるドロー! (^^)bGood! しっかし… 最後、10回裏 球児の19球には冷や冷やさせられた...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時37分

» 4月12日 阪神1−1広島 [阪神タイガース日記]
<総括> 0−1完封かという試合をラッキーヒットでよく追いついた引き分けと評価しましょ。 <内容> 1表、平野がいきなり敵のノーヒットノーラン投手からヒット!しかし無得点。 2裏、2死2塁からレフトへゴロのヒット、金本兄貴が奇跡のワンバンバックホームもやや右にそれてセーフ。0−1 7表、2死からマートン、金本の連打、代打ひーやんの完全に止めたバットに当たった打球がショ..... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時37分

» 【2012公式戦】  阪神 1−1 廣島 (マツダ)  [仙丈亭日乘]
よくぞ追いついてくれた [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時48分

» 安藤の粘投で貴重なドロー! [りが・みりてぃあ野球殿堂]
一昨日、昨日はタイガース連勝ではあったものの、雨模様で試合自体も危険球あり、乱闘ありと、何となくモヤッとした雰囲気がありましたが、今日は天気も良くなって、スカッと快勝といきたいところです。 予告先発が安藤と前田健ということで、安藤には先週の石川に続いて、相手エースに投げ勝つ粘投を期待しながら、テレビ観戦してました。... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 23時06分

» 檜山、神がかりタイムリーで同点に持ち込む [虎談巷説]
チームにそれほど勢いを感じないのに負けないのはなんでやろ。だからと言って、ただ単にツキがあるという感じでもないしなあ。 [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 08時04分

» 檜山、神がかりタイムリーで同点に持ち込む [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
チームにそれほど勢いを感じないのに負けないのはなんでやろ。だからと言って、ただ単にツキがあるという感じでもないしなあ。 [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 08時04分

» アンラッキーナンバー6 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
ノーヒットノーラン男のマエケンからいきなり、平野がヒットを打ったものの金本アニキのせいでオープン戦から無失点を続けていた安藤初失点ホームに届くようになったのは、去年より... [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 08時21分

» アンラッキーナンバー6 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
ノーヒットノーラン男のマエケンからいきなり、平野がヒットを打ったものの 金本アニ [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 08時21分

» 【阪神】広島と引き分け [FUKUHIROのブログ・其の弐]
(マツダスタジアム) 阪 神000 000 100 0=1 広 島010 000 000 0=1 〔延長10回規定により引き分け〕 <投手> (神)安藤−筒井−渡辺−榎田− ... [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 18時37分

« アジア開発銀行の「アジア開発見通し」 Asian Development Outlook | トップページ | 国際通貨基金 (IMF) の「世界経済見通し」 World Economic Outlook 分析編を読む »