« ゴールデンウィーク初勝利で5割に戻して3位をキープ! | トップページ | ゴールデンウィークはわずかに1勝だけで終わる! »

2012年5月 6日 (日)

リチャード・ワイズマン『超常現象の科学』(文藝春秋) を読む

リチャード・ワイズマン『超常現象の科学』(文藝春秋)

リチャード・ワイズマン『超常現象の科学』(文藝春秋) を読みました。作者は元マジシャンで、現在は大学の心理学の教授であり、この本の基本的スタンスは超常現象は科学的にありえない、というものです。まず、出版社のサイトにある「担当編集者から一言」を引用すると以下の通りです。

担当編集者から一言
よく当たる占い師、奇跡の導師、スプーン曲げ、予知夢、前世……摩訶不思議な現象に惹かれる人は後を絶ちません。しかし、人間心理にひそむ陥穽を研究してきたワイズマン博士は、これら超常現象がすべてインチキであることを実験で鮮やかに示してみせます。また、脳の認知システムのバグのなかに、"幽霊"が見えてしまう理由があることも明らかにします。「オーラの泉」などの怪しげなオカルトが看破される痛快な1冊です。

従来から主張されている点ですが、占いがよく当たるのは、あいまいであったり、どちらでも取れる表現をしたり、場合によっては、相矛盾することを言った上で、受け止める側が勝手に解釈するからである、というのは広く知られたことですし、いわゆる超能力なんてものはあり得なくて、何らかのインチキやタネがある、というのも当然です。これらの点で私は100パーセント同意します。同意した上で、2点ほど指摘すると、第1に、超常現象がインチキであることを認めつつも、インチキと見抜ける一般人は多くないわけですから、新興宗教の教祖なんかが悪用するのではなく、超能力っぽく見える技をエンターテインメントとして楽しませるのもアリではないかという気もします。第2に、この本の著者であるワイズマン教授は心理学者ですから、スコープの外なんでしょうが、超能力と同じレベルのオカルトとして宇宙人の存在があります。超常現象を宇宙人由来のイベントに帰すことも幅広く観察されます。その昔、私がお仕えした官房長官で堂々と宇宙人を肯定し、ナスカの地上絵なども宇宙人由来の見方をするエラい人がいましたが、とても宇宙人を肯定する気になれない一方で、否定のしようもなく、困り切った記憶があります。この本のスコープから外れますが、超常現象のひとつの解釈になり得ますので言及しておきたいと思います。

超常現象に対するスタンスが、宇宙人説を別にすれば、ほぼ私と同じで共感できる部分がとても多く、オカルトに対して科学的な見方ができる人には大いにオススメです。

|

« ゴールデンウィーク初勝利で5割に戻して3位をキープ! | トップページ | ゴールデンウィークはわずかに1勝だけで終わる! »

コメント

「超能力はエンターテイメントだ!」というのはいいですね。私もそういう感覚が好きです。まじめに超能力の話をされると、「あほかいな」と言ってしまいそうなので....。

宇宙人の方は、居ることは居るんでしょうが、光速以上で飛ばないと、高度な文明が生きている間(10万年も続くか?)に出会えないような気もします。コストと宇宙空間の広さを考えると、わざわざちっぽけな地球を目指して高価な宇宙船をとばすかいな、などと夢のない常識的な考えをしてしまいますね。

投稿: kincyan | 2012年5月 7日 (月) 16時24分

まったくお説の通りで、超能力に限らず、他人さまと違うことができるのは、稼ぎを得るか、エンターテインメントにするかどちらかが有力です。まあ、宇宙人も他人さまと違うことができるのかもしれませんが、確率論的な常識とオカルト的なロマンのはざまで、適当に、まじめな思考の外に置いている人が大部分のような気がします。

投稿: ポケモンおとうさん | 2012年5月 7日 (月) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/45155380

この記事へのトラックバック一覧です: リチャード・ワイズマン『超常現象の科学』(文藝春秋) を読む:

« ゴールデンウィーク初勝利で5割に戻して3位をキープ! | トップページ | ゴールデンウィークはわずかに1勝だけで終わる! »