« 輸出の先行きをどう見るか? | トップページ | 夏川草介『神様のカルテ 3』(小学館) を読む »

2012年9月21日 (金)

秋といえば何をイメージするか?

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくいったもので、さすがの猛暑も彼岸に入った今週から少しずつ気温が下がり始めているように実感しています。ということで、ネオマーケティングから「秋の味覚と風物詩に関する調査」リポートが9月19日に公表されています。まず、リポートの結果概要を引用すると以下の通りです。

【調査結果概要】
【1】 秋の食べ物といえば 1位「サンマ」 2位「栗」 3位「梨」
【2】 秋の行楽シーズンは、「国内旅」が一番人気
【3】 秋を漢字一文で例えると 1位「紅」 2位「栗」 3位「月」

秋で思い出すのはいくつかあって、「食欲の秋」、「読書の秋」、「芸術の秋」、「スポーツの秋」などなど、ことしの夏も猛暑でしたが、気温が下がって過ごしやすくなるとともに、秋の夜長で時間も取れることから、さまざまな余暇活動が活発になります。今夜のブログで取り上げるリポートは、やや「食欲の秋」の食べ物とお出かけの行楽に絞り込んだアンケートを展開しています。まず、下のグラフは「秋の食べ物」に対する回答です。

秋の食べ物

最初に引用した通り、「サンマ」、「栗」、「梨」が1-3位を占めていますが、4位には「松茸」が入っています。我が家の大黒柱は当然ながら私であり、薄給の公務員として、特に今年は4月から給料が大幅に引き下げられ、とうとう7月の土用の丑の日にはうなぎが出なくなりましたし、松茸なんぞは長らく我が家の食卓には出たことがありません。それから、「月見団子」や「おはぎ」というのは選択肢になかったんでしょうか。それとも、反則なんでしょうか。実は、後段に画像が見えているかもしれませんが、私はまったく別の食べ物を思い出します。

秋の行楽

続いて、行楽の行き先に対する回答が上のグラフの通りです。ジャカルタから帰国して以来、子供達が学校に通っていますから、我が家は秋に旅行をしたことがないんでよく分かりませんが、「国内旅行」がトップとなっています。順位はかなり低いですが、「東京スカイツリー (ソラマチ)」が入ったのは今年らしい特徴といえそうな気がします。来年以降に順位を上げるかどうかに着目している人がいそうな気がします。それはそうと、「スポーツ観戦」は選択肢になかったんでしょうか?

月見バーガー

秋の食べ物に無理やりに話題を戻すと、こういったアンケートでは「反則」なんでしょうが、私は月見バーガーをイメージします。今週から始まっています。期間限定ですから、そのうちに食べに行きたいと思います。

|

« 輸出の先行きをどう見るか? | トップページ | 夏川草介『神様のカルテ 3』(小学館) を読む »

コメント

一気に涼しくなり、身体が楽になりました。夜の時間も長くなり、自転車乗りには、早く帰宅しないといけないので少しつらいです。秋の夜長、本をキチンと読める時間がとれるようになったので図書館通い再開です。食べ物で思い出すのは、市川では名物の梨でしょうか。遅い中元?で贈ります(^_^;)。

投稿: kincyan | 2012年9月25日 (火) 08時06分

記事の繰返しになりますが、「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくいったもので、この週末から一気に涼しくなって少し驚いています。
実は、私の本籍のある京都府城陽市の名物も梨と無花果です。
自転車を楽しむために、秋雨前線が早く去って、秋晴れの日が続くことを願っています。

投稿: ポケモンおとうさん | 2012年9月25日 (火) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/47161746

この記事へのトラックバック一覧です: 秋といえば何をイメージするか?:

« 輸出の先行きをどう見るか? | トップページ | 夏川草介『神様のカルテ 3』(小学館) を読む »