« 米国雇用統計のグラフィックス | トップページ | おとうさんのお誕生日祝いでバイキングのランチに行く »

2012年9月 8日 (土)

米国大統領候補者の一言イメージ

午前中に米国雇用統計を取り上げたついでに、今日のブログは米国のトピックを続けることとします。すなわち、私が時折参照するピュー・リサーチ・センターから民主党と共和党のそれぞれの大統領・副大統領候補の一言イメージの調査結果が発表されています。とても興味深いので、画像だけ以下のサイトから引用しておきます。

米国大統領選挙候補者の一言イメージ

"conservative" が neutral な灰色で表示される一方で、"socialist" は negative なオレンジで表されています。欧州などとは少し基準が異なるのかもしれません。なお、バイデン副大統領の "idiot" というのは、その昔の2000年の大統領選挙で当時のブッシュ候補も、このように評価されていたように記憶しています。"idiot but honest" かその逆かは忘れました。

|

« 米国雇用統計のグラフィックス | トップページ | おとうさんのお誕生日祝いでバイキングのランチに行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/46990569

この記事へのトラックバック一覧です: 米国大統領候補者の一言イメージ:

« 米国雇用統計のグラフィックス | トップページ | おとうさんのお誕生日祝いでバイキングのランチに行く »