« 「坂道のアポロン」サウンドトラックを聞く | トップページ | ノルベルト・ヘーリング、オラフ・シュトルベック『人はお金だけでは動かない』(NTT出版) を読む »

2012年11月 4日 (日)

子供達といっしょに一橋祭に行く

今日は、朝からいいお天気で風も弱まり、私が子供達を連れてお出かけしました。どこへ行ったかというと一橋大学の国立キャンパスで開催されている一橋祭です。「いっきょうさい」と読みます。一応、念のためですが、先週のブログにある通り、私は京都大学で学び、長崎大学で教えた経験はありますが、一橋大学とは何の関係もありません。もちろん、長らく官庁エコノミストをしていますから、何度かキャンパスを訪れたことがあり、先生方で顔見知りの方も何人かいらっしゃいます。でも、それだけです。
大学祭は、我が家の子供達が小さかったころ、幼児教育課程のある女子大に何度か遊びに行った記憶はありますが、ホントに久し振りです。一流の経済学部を擁する大学の大学祭なんですが、明らかに幼稚園児から小学校の低学年を対象にしたフィールド企画もありますし、大量にいた女子大生は一橋大学だけではなくて津田塾大学あたりからも来ているんではないかと想像しています。でも、大学祭は久し振りでおもしろかったです。我が家の子供達はすでに十分大きいので、小遣いを与えた上でほとんど自由行動としましたが、期せずして3人ともお昼はヤキソバを食べたようです。国立駅南口からの大通りで市民祭りをやっていて、お天気にも恵まれ、キャンパス内もものすごい人出でした。
写真は、上から、一橋祭の入り口の横断幕、これは西キャンパスの方です。次に、キャンパスマップ、これは東キャンパスです。そして、キャンパスの中で特徴ある建物として、兼松講堂とともに目立っている図書館の時計台。最後に、いかにもありそうな一橋大学と津田塾大学の合同のサークル活動のうち、もっとも立て看板が立派だった美術部です。

一橋祭の入り口の横断幕

一橋大学キャンパスマップ

一橋大学図書館の時計台

一橋・津田塾大学美術部の立て看板

|

« 「坂道のアポロン」サウンドトラックを聞く | トップページ | ノルベルト・ヘーリング、オラフ・シュトルベック『人はお金だけでは動かない』(NTT出版) を読む »

コメント

そろそろお子様達も大学の学園祭を見に行かれるお年頃ですね。
一橋大、立派ですねえ。

夕方、ここを見て、「そう言えば私の出身大も今日は学園祭だった」と思い出しました。学生の頃は校庭に豚やら山羊やらが勝手に歩いてたりする変な所でしたが、近年はマシになってきたみたいです。
子供をゲーセンに連れて行ってる場合ではありませんでした(笑)

投稿: yh1958 | 2012年11月 4日 (日) 19時23分

いやいや、ゲーセンも大いに結構かと思います。
それにしても、ヤキソバやフランクフルトなどを売っている屋台のテントに大量に女学生がいて、子供達が「一橋大学というのは女性の比率の高い大学らしい」と誤解するのを防止するため、「彼女たちはほとんど津田塾大学あたりから来ているのであろう」と言っておきました。私の同僚や部下で一橋大学出身者の結婚式に出た機会が2度あるんですが、少ないサンプルながら、いずれも津田塾大学の出身者と如水会館で結婚式を上げていました。ご参考まで。

投稿: ポケモンおとうさん | 2012年11月 4日 (日) 22時16分

お引越しで中央線沿線の一橋大学がお近くなったんでしょうか?

投稿: いち阪神ファン | 2012年11月 4日 (日) 23時49分

勤労感謝の日の連休には駒場祭があると知っているんですが、時期が子どもたちの期末試験に近くなりますし、何より、東大は恐れ多いので一橋大学に行ってみました。

投稿: ポケモンおとうさん | 2012年11月 5日 (月) 07時21分

一橋大学は意外と小さいのですね。お子様といかれて、あとは自由行動というのも、大きくなった息子さんとならうなずけます。津田塾大学生がたくさんお手伝いにきての学園祭というのもよいですね。こういうチャンスがないと将来のパートナーを選べないかもしれません。社会人になるとそれなりに忙しいですからね。うちの息子と娘にもこういうチャンスがあったのでしょうが、いつになったら結婚するのでしょう.......。

投稿: kincyan | 2012年11月 6日 (火) 12時38分

一橋大学は1学年1000人ほどですから小規模といえるかもしれません。他学部といっしょになって巨大になった西の旧高商の神戸大学と異なり、単科大学に近い印象です。
私が在学していた当時の京都大学経済学部は1学年200人で女性が2名だけでしたから、一橋大学でも女性はせいぜい1-2割くらいかと思うんですが、やたらと女子大生が多い学園祭でした。

投稿: ポケモンおとうさん | 2012年11月 6日 (火) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/47715389

この記事へのトラックバック一覧です: 子供達といっしょに一橋祭に行く:

« 「坂道のアポロン」サウンドトラックを聞く | トップページ | ノルベルト・ヘーリング、オラフ・シュトルベック『人はお金だけでは動かない』(NTT出版) を読む »