« 来週月曜日に発表されるGDP速報2次QE予想やいかに? | トップページ | 米国雇用統計のグラフィックス »

2012年12月 7日 (金)

景気動向指数は明確に景気後退を示す!

本日、内閣府から10月の景気動向指数が発表されました。先月に比べて、先行指数が0.9ポイント上昇して92.5となった一方で、一致指数は▲0.9下降して90.6となりました。統計作成官庁である内閣府は景気の基調判断を「下方への局面変化」から「景気動向指数は、悪化を示している。」に下方修正しました。まず、日経新聞のサイトから統計のヘッドラインを報じる記事を引用すると以下の通りです。

景気基調判断、3年6カ月ぶり「悪化」に 10月
一致指数、7カ月連続で低下

内閣府が7日発表した10月の景気動向指数(CI、2005年=100)によると、景気の現状を示す一致指数は前月比0.9ポイント低下の90.6だった。マイナスは7カ月連続で、内閣府は一致指数の動きから機械的に求める景気の基調判断を「下方への局面変化」から「悪化」に下方修正した。
下方修正は2カ月連続で、内閣府が判断を「悪化」とするのは08年のリーマン・ショックによる世界的な景気後退の影響が残っていた09年4月以来、3年6カ月ぶり。「悪化」は「景気後退の可能性が高いことを示す」と定義し、「暫定的」としていた前月までの景気後退に対する判断を一歩進めた。正式な景気後退の判断は内閣府の景気動向指数研究会の議論を経て決定する。
10月は液晶テレビの販売不振が響き、耐久財の出荷が減少したほか、生産活動の停滞に伴って大口の電力使用も限られた。製造業を中心に残業なども減り、有効求人倍率も低下。エコカー補助金終了の影響で商業販売額も落ち込むなど雇用や消費も弱含んだ。
一方で、半導体など電子部品・デバイス関連などの持ち直しがあって鉱工業生産指数は4カ月ぶりに上昇。化学工業など生産財の出荷も下げ止まり、一致指数を下支えした。
数カ月後の先行きを示す先行指数は0.9ポイント上昇の92.5と2カ月ぶりに上がった。住宅建材などの建設財や化学工業など生産財の在庫が減少したことが主因。分譲マンションなど新設住宅着工なども指数上昇に寄与した。
景気に数カ月遅れる遅行指数は0.5ポイント上昇の87.2と2カ月ぶりのプラス。指数を構成する経済指標のうち、3カ月前と比べて改善した指標が占める割合を示すDIは一致指数が10.0%、先行指数は38.9%だった。

次に、いつもの景気動向指数の推移をプロットしたグラフは以下の通りです。上のパネルはCI一致指数と先行指数、下はDI一致指数です。なお、影をつけた部分は景気後退期なんですが、このブログだけのローカル・ルールで、直近の景気循環の山は2012年3月であったと仮置きしています。

景気動向指数の推移

景気後退がほぼ確定しました。上のグラフからも明らかなように、最近の今年3月を景気の山と仮置きした景気後退期の影の部分がかなりよくフィットしているという気がします。10月のCI一致指数では耐久消費財出荷指数、大口電力使用量、所定外労働時間指数などのマイナス寄与が大きく、卸売業の商業販売額(前年同月比)や中小企業出荷指数のプラスを大幅に上回りました。他方、CI先行指数はプラスに転じており、景気が底入れするのもそれほど先ではない可能性が示唆されています。いずれにせよ、来年の春くらいに内閣府の景気動向指数研究会が開催され、景気日付に関して議論されることと予想しています。

ESPフォーキャスト調査結果

また、本日、日本経済研究センターから「ESPフォーキャスト調査結果」が発表されています。上のグラフの通り、成長率は10-12月期までマイナスながら、来年1-3月期以降はプラス成長に復帰すると見込まれています。景気動向指数の先行指数と整合的な評価です。また、衆議院選挙を控え、特別調査として日本の経済政策についてアンケートを行い、インフレ・ターゲットを導入することについては、63%のフォーキャスターが「賛成・どちらかというと賛成」と回答し、そのうちの71%は「2%にすべき」と回答していることが明らかにされています。極めて妥当な結果だと受け止めています。

|

« 来週月曜日に発表されるGDP速報2次QE予想やいかに? | トップページ | 米国雇用統計のグラフィックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/48121753

この記事へのトラックバック一覧です: 景気動向指数は明確に景気後退を示す!:

« 来週月曜日に発表されるGDP速報2次QE予想やいかに? | トップページ | 米国雇用統計のグラフィックス »