« 消費者のマインド指標である消費者態度指数と企業の法人企業景気予測調査 | トップページ | 最近読んだ4冊の経済書に関する覚え書 »

2013年3月13日 (水)

ホワイトデーに関する調査結果から本命チョコと義理チョコを見分けられるか?

明日のホワイトデーを前に、先週3月7日にネオマーケティングから「ホワイトデーに関する調査」結果が公表されています。女性雑誌などでは「バレンタインデーのお返しは3倍が常識」といった記事を見かけたりしますが、実際にどのようなホワイトデーのプレゼントが期待されているのでしょうか。気にかかるところかもしれません。まず、リポートから調査結果概要を3点引用すると以下の通りです。

【調査結果概要】
【1】ホワイトデーのお返し「期待している」【本命】58.9%【義理】39.5%
【2】【本命】【義理】ともに欲しいプレゼント「ケーキやクッキーなどのお菓子」
【3】貰って嬉しいプレゼントのポイント【本命】「気持ちが伝わるもの」【義理】「なんでも嬉しい」

ということで、この調査の大きな特徴のひとつは【本命】と【義理】に分けて、バレンタインデーのお返しであるホワイトデーのプレゼントについて質問しているところです。統計的な有意水準の検定こそありませんが、【本命】と【義理】の両者でお返しについても微妙に異なっているところに興味深いものがあります。

photo

上のグラフは、ホワイトデーに欲しいプレゼントに対する回答です。【義理】が【本命】を上回っている回答はお菓子とハンカチ・タオルとなっています。逆に、貴金属・宝石やお花については【本命】が【義理】を大きく上回るという結果になっています。私なんぞの中年のオッサンは【義理】でしかあり得ませんから、お菓子でお返しということになるんだろうと思います。間違ってもアクセサリ類はお返ししないでしょうし、お花も遠慮すべきなのかもしれません。

photo

上のグラフは、ホワイトデーのお返しのポイントを聞いた回答です。【義理】が【本命】を上回っている回答は、なんでも嬉しいとなっています。分かる気がします。

|

« 消費者のマインド指標である消費者態度指数と企業の法人企業景気予測調査 | トップページ | 最近読んだ4冊の経済書に関する覚え書 »

コメント

私の職場には女性がほとんどいませんので、義理チョコなんていうのはありませんでした。(そもそも女性対男性が3対56なんで義理チョコ配るのはしんどそう)

まあ家人からだけ貰いましたけどね。3倍返しで何か買ってあげようと思います。外出が嫌いなんで、ちょっと高いi-Phone用の木製カバーなんていうのを考えています。金沢の職人が作ったものだそうです。ポケモンおとうさんは、マメでいらっしゃいますから皆さんでランチかな。

投稿: kincyan | 2013年3月14日 (木) 03時55分

私が支配する役所の課は、男女がほぼ半々です。
課内の若手が取りまとめ役になって、ホワイトデーのお返しを買って配っていましたが、なぜか、男性も含めて課内全員の分があったりしました。

投稿: ポケモンおとうさん | 2013年3月14日 (木) 22時55分

「本命」と「義理」との比較とは面白いですね。
私にとっては、もうこの風習は「義理」以外の何物でもなくなったので、つまらないです(笑)

私は「本命」で嬉しい思いをしたことがほとんど無いのに、仕事を始めたら女性のスタッフが多くて大変な思い(金銭的に)ばっかりです。

せめても救いは、若いころはチョコレートが嫌いだったのに、最近は好きになった事くらいですか。ど~りで太るワケです。

投稿: yh1958 | 2013年3月15日 (金) 18時20分

確かに、私も本命チョコをもらった記憶はまったくなく、基本的に義理チョコでしかあり得ません。どうしてこういう風習が広まったんでしょうか。よくいわれる通り、お菓子業界の陰謀なんでしょうか?

投稿: ポケモンおとうさん | 2013年3月15日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/50749465

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトデーに関する調査結果から本命チョコと義理チョコを見分けられるか?:

« 消費者のマインド指標である消費者態度指数と企業の法人企業景気予測調査 | トップページ | 最近読んだ4冊の経済書に関する覚え書 »