« 今年の花粉症の特徴やいかに? | トップページ | 最近読んだ文庫本からスティーヴン・キングの作品と『完全なる首長竜の日』 »

2013年6月13日 (木)

木佐貫にゼロに抑えられ、4番中田の2発でメッセンジャー沈む!

  HE
阪  神000000000 020
日本ハム01000011x 381

昨夜と逆のパターンで、日本ハムに完敗です。先発のメッセンジャー投手はよく投げたんですが、日本ハムの若き4番打者中田外野手の2発で沈みました。打っても、木佐貫投手に2安打と抑え込まれて完封負けでした。巨人がオリックスに勝ってセリーグの首位交代です。

交流戦最後の楽天戦は、
がんばれタイガース!

|

« 今年の花粉症の特徴やいかに? | トップページ | 最近読んだ文庫本からスティーヴン・キングの作品と『完全なる首長竜の日』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/52025709

この記事へのトラックバック一覧です: 木佐貫にゼロに抑えられ、4番中田の2発でメッセンジャー沈む!:

» 【阪神】○日本ハム3−0阪神●(札幌D) 完封負け [虎春のHappyLife!]
日本ハム vs.阪神(4回戦:札幌D)  今日は日ハムの木佐貫投手に2安打完封負けです。相手のピッチャーが良過ぎましたね。中田の2本のホームランを含む3点に抑えたがメッセンジャーだが3敗目となった。  今日のあっぱれは『相手の木佐貫やな!』 にほんブログ村 ... [続きを読む]

受信: 2013年6月13日 (木) 20時48分

» 【阪神】○日本ハム3−0阪神●(札幌D) 完封負け(Yahoo版) [虎春のHappyLife!]
日本ハム vs.阪神(4回戦:札幌D) 今日は日ハムの木佐貫投手に2安打完封負けです。相手のピッチャーが良過ぎましたね。中田の2本のホームランを含む3点に抑えたがメッセンジャーだが3敗目となった。  今日のあっぱれは『相手の木佐貫やな!』 ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月13日 (木) 20時48分

» 第60戦 ( T 0-3 F ) [原始人の日記・ぼやき・独り言]
Messenger、二回に中田に一発を浴びて先制されます。七回、大引に適時打を浴びて2失点目。八回、中田に2本目のHRを浴びて3失点目。 Messenger もそう悪くはなかったと思うんですけど、ね。 走塁で拙い場面もあったけど、今日の木佐貫は打ち崩せそうになく、完封負け…... [続きを読む]

受信: 2013年6月13日 (木) 20時50分

» 完封負け [けんぴーの回遊録]
昨日の快勝とは一転。 今日は、日本ハム先発の木佐貫のフォークのキレがハンパなく良かった… 散発2安打完封負け[E:sad [続きを読む]

受信: 2013年6月13日 (木) 21時04分

» 【阪神】日本ハムに完封負け [ FUKUHIROのブログ・其の参]
(札幌ドーム) 阪  神000 000 000=0 日本ハム010 000 11X=3 <投手> (神)メッセンジャー−筒井 (日)木佐貫 ○木佐貫5勝2敗 ●メッセンジャー6勝3敗 <本塁打> (日)中田14号ソロ=2回表    中田15号ソロ=8回表 中田に...... [続きを読む]

受信: 2013年6月14日 (金) 08時05分

» メッセ孤立無援で打線も2安打ハムに完敗 [紀州のプーさん のんびり日記]
今週のトラ 6/12(水) ◎6−1日 6/13(木) ×0−3日 阪神の連勝も5でストップ。首位からも早陥落。交流戦初Vも逸す。 言葉だけ並べるとマイナス面ばかりですが、まだ貯金もしこたまあるので気にする必要もないでしょう。 では13日の試合を簡潔に。 2回裏。中田選手ソロ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月14日 (金) 13時44分

» メッセンジャー、無援護に泣く [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
ソフトバンクが今シーズンの交流戦優勝を決めた。安定した強さでセリーグ6球団に負け越しなし。まあ順当な結果に終わったかな。 [続きを読む]

受信: 2013年6月15日 (土) 09時39分

» メッセンジャー、無援護に泣く [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
ソフトバンクが今シーズンの交流戦優勝を決めた。安定した強さでセリーグ6球団に負け越しなし。まあ順当な結果に終わったかな。 [続きを読む]

受信: 2013年6月15日 (土) 09時39分

« 今年の花粉症の特徴やいかに? | トップページ | 最近読んだ文庫本からスティーヴン・キングの作品と『完全なる首長竜の日』 »