« 完璧な試合運びで日本ハムにワンサイドゲームの勝利! | トップページ | 木佐貫にゼロに抑えられ、4番中田の2発でメッセンジャー沈む! »

2013年6月13日 (木)

今年の花粉症の特徴やいかに?

やや旧聞に属する話題ですが、先週6月3日にネットリサート大手のマクロミルから「2013年の花粉症に関する実態調査」の結果が発表されています。一部に信じがたい結果も含まれているんですが、私も軽症ながら毎年のように花粉症に悩まされているものですから、調査結果は興味があります。まず、マクロミルのサイトから調査結果のトピックスを5点引用すると以下の通りです。

トピックス
  • 今年、花粉症を発症したのは45%。昨シーズンの41%から増加
  • 花粉症の主な症状は「鼻水」「くしゃみ」「目のかゆみ」が8割以上、最もつらい症状は「鼻づまり」
  • 発症者の半数が市販薬を利用。病院を利用した人は3割、両方利用した人は16%
  • 花粉症対策商品トップは「マスク」「目薬」「鼻炎薬」「点鼻薬」
  • 花粉症で通院した診療科は「耳鼻科」50%、「内科」40%、「眼科」14%

ということで、今夜のエントリーでは pdf の全文リポートからいくつかグラフを引用してごく簡単に調査結果を紹介したいと思います。

photo

まず、上の円グラフはリポートから【図1】花粉症発症状況を引用しています。このグラフがにわかには信じがたいんですが、40パーセントを超える日本人が花粉症を発症しているんでしょうか。もちろん、我が家のように4人家族で3人が花粉症持ちであるといった例もありますが、日本人の半数近くが花粉症を発症するのはやや多過ぎる気がしないでもありません。もっとも、去年から今年にかけて、数ポイント発症の割合が高まっていますから、何年か続けてこうなっていると国民の半数近い花粉症持ちがいる、ということになるのかもしれません。もしも、国民の半数近いということであれば、いわゆる「死に至る病」ではないのかもしれませんが、メタボなんかよりももっと力を入れて対策を講じる必要がありそうな気もします。

photo

続いて、上のグラフはリポートから【図3】花粉症の重篤度を引用しています。私の場合、目のかゆみと鼻づまりはほとんどなく、鼻水とくしゃみ、それに、目のゴロゴロ感ですが、確かに、鼻づまりは鼻水よりも重篤感が強そうな気がします。

photo

次に、上のグラフはリポートから【図4】市販薬と病院の利用状況を引用しています。私は目薬なんかでごく普通の市販薬を買わないでもありませんが、花粉症の季節はほぼすべて病院の処方薬に頼ります。というのも、私はもともと市販薬ではなく病院に行く方だからです。30年近く前に国家公務員になって京都から東京に出て来て、最初のころの上司が虎の門病院への依存が極めて強い課長で、ちょっとした病気になれば、例えば風邪でもすぐに国家公務員共済の虎の門病院に行くことを推奨していました。当時は医薬分業でもなく、しかも、国家公務員本人であれば虎の門病院では負担なしの時代でした。混んでいるのはどうしようもなかったものの、役所のオフィスからは徒歩圏内ですし、健康保険証代わりの共済組合員証と診察券をもって虎の門病院に行けば、最新鋭の設備で診てもらった上に、薬までちょうだいして、まったく負担なし、という今からは考えられないような時代でしたので、私は市販薬ではなく医者に行って処方薬をもらう、という行動パターンが身についてしまいました。花粉症でも耳鼻科や眼科やアレルギー科などにかかっています。

photo

最後に、上のグラフはリポートから【図5】花粉症対策購入商品を引用しています。マスクや目薬が多くなっていて、特徴的なのは今年のほうが対策商品を買っている人が少ないことです。今年のシーズンは昨年ほど花粉が飛散しなかったことを象徴しているような気がします。なお、私もマスクは愛用していますが、この6月からは花粉ではなくイネのアレルギーの季節が始まってしまい、人生で初めて点鼻薬を処方してもらいました。毎日1回シュッシュとやっています。

最初にも書きましたが、にわかには信じられないものの、このアンケートの結果に従えば、国民の半数近くが花粉症を発症しています。ここまで立派な「国民病」になったんですから、然るべきお役所でも対策を講じていただきたいものだと思います。

|

« 完璧な試合運びで日本ハムにワンサイドゲームの勝利! | トップページ | 木佐貫にゼロに抑えられ、4番中田の2発でメッセンジャー沈む! »

コメント

うちでは5人中2人です。

次男は今年も相変わらず酷かったですが、私はそれほどでもなく、薬はほとんど飲まずにすみました。

子供は、医療費が無料ですから耳鼻科に行ってもらいます。自分は・・・待つの大変だし、動物病院の薬って7割方が人体薬なんで、ついついそっちから(笑)ということが多いです。

投稿: yh1958 | 2013年6月14日 (金) 09時16分

今年の花粉は飛散量は昨年よりも少ない、というか、昨年が超多かった、ということなんでしょうが、私は今年も同じように悩まされています。でも我が家の子供達は昨年より格段にラクだったようです。よく分かりません。
それにしても、動物病院の薬がヒトと同じのが多いというのはとても意外だったんですが、よく考えればそうなんだろうと納得しまいた。

投稿: ポケモンおとうさん | 2013年6月14日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/52015088

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の花粉症の特徴やいかに?:

« 完璧な試合運びで日本ハムにワンサイドゲームの勝利! | トップページ | 木佐貫にゼロに抑えられ、4番中田の2発でメッセンジャー沈む! »