« あっぱれルーキー藤浪晋太郎、マエケンに投げ勝って広島を3タテ! | トップページ | 最近の子供達は将来何になりたいのか? »

2013年7月 8日 (月)

景気ウォッチャーは3か月連続で悪化し、経常収支は4か月連続で黒字を記録

本日、内閣府から6月の景気ウォッチャー調査の結果が、また、財務省から5月の経常収支などの国際収支が、それぞれ発表されています。景気ウォッチャーのヘッドラインとなる現状判断DIは前月から▲2.7ポイント低下して53.0に、また、先行き判断DIも同様に▲2.6ポイント低下して53.6にそれぞれ悪化しています。経常収支に目を転じると、いずれも季節調整していない原系列の統計で、経常収支は黒字幅が縮小して5407億円の黒字となり、そのうち貿易収支の赤字は▲9067億円を記録しています。まず、日経新聞のサイトから関連する記事を引用すると以下の通りです。

6月街角景気、現状・先行きとも悪化 基調判断下げ
内閣府が8日発表した6月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、足元の景気実感を示す現状判断指数は前月比2.7ポイント低下の53.0で3カ月連続の悪化だった。2-3カ月後の景気を占う先行き判断指数も2.6ポイント低下の53.6と2カ月連続で前月を下回った。原材料価格などの上昇によるコスト増への懸念が高まったほか、株式相場の乱高下を受けて景気の不透明感が広がった。
もっとも、判断指数はいずれも好不況の目安となる50を維持した。内閣府は街角景気の基調判断を前月までの「持ち直している」から「このところ持ち直しのテンポが緩やかになっている」へ下方修正した。判断を引き下げるのは野田佳彦前首相が衆院解散を表明する前にあたる2012年10月以来、8カ月ぶり。
現状、先行きとも「家計」「企業」「雇用」の全分野で悪化した。金融市場の乱調を巡っては「株価や為替の乱高下が景気回復への期待感に水をさした格好になった」(四国の商店街)、「株価の乱高下など、先行きが不安定ななかで、地方の景気回復はまだ不透明である」(北関東の求人情報誌製作会社)などのコメントが並んだ。
さらに「受注量が減少するなか、原料価格や電気料金の高騰などで採算が悪くなっている」(近畿の繊維工業)とコスト増を懸念する声も多い。6月は飲食店などのサービス業にとっては梅雨による客足の減少も重荷になった。
調査は景気に敏感な小売業など2050人が対象で、有効回答率は91.1%。3カ月前と比べた現状や2-3カ月後の予想を「良い」から「悪い」まで5段階で評価して指数化する。
5月の経常黒字5407億円所得黒字拡大、貿易赤字補う
財務省が8日発表した5月の国際収支(速報)によると、海外との総合的な取引状況を示す経常収支は5407億円の黒字だった。黒字は4カ月連続で、黒字額は前年同月と比べ58.1%増えた。原粗油や液化天然ガス(LNG)など高水準の燃料輸入が影響し、貿易収支の赤字額は5月としては現在の基準で比較可能な1985年以降で最大となったが、所得収支の黒字で補った。
貿易・サービス収支は8626億円の赤字。赤字は14カ月連続。うち貿易収支は、輸送の保険料や運賃を含まない国際収支ベースで9067億円の赤字だった。赤字幅は9カ月連続で拡大した。輸出は前年同月比9.1%増と3カ月連続で増加。灯油・軽油や、ペットボトルなどの原料として使われるパラキシレンなど有機化合物が伸びた。輸入額は9.6%増。原粗油など燃料に加えスマートフォンなど通信機の輸入が増えた。旅行や輸送動向を示すサービス収支は441億円の黒字に転換した。海外から受け取る特許使用料が増えたうえ、海上輸送などの輸送収支や旅行収支の赤字幅が縮小した。
所得収支の黒字は前年同月比8.6%増の1兆5228億円。黒字幅は前年同月比では6カ月連続で拡大した。円安もあって証券投資収益が増えたうえ、海外事業での投資先から受け取る配当金収入や配分済み支店収益などを示す直接投資収益も増えた。

いつもながら、どちらの記事もとてもよくまとまっているという気がします。続いて、景気ウォッチャーの現状判断DIと先行き判断DIのグラフは以下の通りです。影をつけた部分は景気後退期ですが、いつものお断りで、このブログのローカル・ルールとして直近の景気の山と谷は2012年3月と2012年11月と仮置きしています。

photo

景気ウォッチャーは現状判断DIも先行き判断DIも、ともに高水準ながら、現状判断DIは3月をピークに、先行き判断DIは4月をピークに、それぞれ低下を続けています。ですから、引用した記事にもある通り、基調判断は「持ち直している」から「このところ持ち直しのテンポが緩やかになっている」に下方修正されています。現状判断DIは家計、企業、雇用の3つのコンポーネントから成っているんですが、すべてが悪化を示し、家計動向関連DIは、高額品販売が引き続き好調であったものの、梅雨入りに伴い飲食やサービス関連等で客足の鈍化が見られ、また、企業動向関連DIは、円高是正により仕入価格上昇等によるコスト増や、株価や為替の変動により取引先に慎重な様子が見られ、さらに、雇用関連DIは、株価や為替の変動により求人に慎重であったこと、などから、それぞれ低下しています。もともと、一本調子で上昇したり低下したりする指標ではなく、細かな変動を繰り返す統計ですが、現状判断DIが3月をピークに4月から低下を始めていることに現れているように、5月下旬からの金融市場の混乱や長期金利の上昇が何らかの影響を及ぼしていることは確かながら、現状では何ともいえないと私は受け止めています。そもそも、為替や株価や長期金利が今後どの方向に動くかが分かりませんし、それらの金融市場の動向がマインドに及ぼす影響の方向は分からないでもないものの、影響の大きさとなれば未知の領域なんではないでしょうか。

photo

続いて、経常収支のグラフは上の通りです。青い折れ線グラフが経常収支の推移を示しており、積上げ棒グラフは経常収支を構成する貿易収支などのコンポーネントです。色分けは凡例の通りです。季節調整済みの系列をプロットしていますので、季節調整していない原系列の統計を基にした引用記事とは少し印象が異なるかもしれません。2011年3月の震災のあたりから傾向的に経常収支の黒字幅が縮小しており、その要因は貿易赤字の拡大であることが読み取れます。ただし、この4-5月の統計ではやや経常収支の黒字幅が拡大しているように見えます。4月については赤い投資収益収支が大きな黒字を出し、5月については黒い貿易収支のマイナス幅が縮小しているようです。いずれもアベノミクスに伴う円高修正の結果である可能性が高いと私は考えています。

景気ウォッチャーに示された供給サイドのマインドは、一時のヒートアップから徐々に沈静化して来ているのかもしれません。でも、50を超えるレベルで推移しているのはかなり高い水準といえます。需要サイドのマインドである消費者態度指数が明後日に発表されますのでコチラも注目したいと思います。

|

« あっぱれルーキー藤浪晋太郎、マエケンに投げ勝って広島を3タテ! | トップページ | 最近の子供達は将来何になりたいのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/52363019

この記事へのトラックバック一覧です: 景気ウォッチャーは3か月連続で悪化し、経常収支は4か月連続で黒字を記録:

« あっぱれルーキー藤浪晋太郎、マエケンに投げ勝って広島を3タテ! | トップページ | 最近の子供達は将来何になりたいのか? »